2005年07月31日

青砥橋

 写真は青砥藤綱が住んでいたとされる青砥藤綱邸跡(周辺)です。現在の浄明寺3〜5丁目あたり。もう少し具体的に言えば、京浜急行バス「青砥橋(あおとばし)」停留所近く。橋を渡ってすぐの所にあります。

aoto.jpg

aotobashi.jpg

続きを読む
posted by fuji_nishi. at 12:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | 青砥左衛門藤綱

青砥藤綱

 今回はとりあえず登場人物の紹介と、その人物に関連する場所を紹介したいと思います。(私のオタっぽいイラストで申し訳ないのですが・・・)

aotof.gif
【あおと ふじつな】

 歌舞伎『白浪(しらなみ)五人男』の、最後の場面「滑川土橋」に登場する(脇役でも)重要人物です。

 鎌倉時代中期(1250年頃)の武士で、五代目執権 北条時頼(1227〜63)に仕え、今の裁判所にあたる評定衆(ひょうじょうしゅう)の権威として知られた人物だそうです。

続きを読む
posted by fuji_nishi. at 12:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | 青砥左衛門藤綱

2005年07月28日

ミニコミ

 とうとう昨日、印刷所に印刷を発注しました。完成は8月3日だそうです。どんな風に仕上がるのか楽しみだけど、ちょっぴり不安です。イメージ通りに仕上がるといいなぁ。

 ちなみに本のタイトルは『白浪五人男考』(仮)、B5判・横とじ/本文48Pの予定です。
posted by fuji_nishi. at 09:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | ミニコミ

2005年07月25日

白浪五人男との出会い

 どうも。ご無沙汰してます。
初日の段階で自ら「あきっぽい性格」と断言しているとおり、
約10日ぶりの更新ですね〜あはは。
まぁゆっくり、気長にやっていこうと思います。

 今日は「白浪五人男との出会い」について、お話したいと思います。

 私と歌舞伎『白浪五人男』との出会いは、かれこれ十年ほど前のことです。当時はまだ、今以上に「歌舞伎の世界」の「決まりごと」を理解できていなかったので、

kawaberi.jpg

「え〜、あの稲瀬川で*決闘(=捕り物劇)だって?どう考えても、あそこじゃ無理でしょ。」と、失礼ながらも、そう思ってしまったのです。

*大の男が30人以上、暴れ廻るには、ちと狭すぎですよね。

 そうしたら案の定、稲瀬川隅田川のことであり、初瀬寺(=長谷寺)は浅草の浅草寺極楽寺は上野の寛永寺のことを意味し、すべて「江戸の出来事」を「鎌倉」に置き換えただけの話と判明したのは、だいぶ後になってからのことでした。

 しかし、この演目は「鎌倉」近辺の地名がセリフに多用されており、ある程度の「土地勘」がないと、劇を楽しめないと思ったのと、舞台となった「江戸(東京)」と「鎌倉」の対比をしてみるのも、面白いのではないかということで、『白浪五人男』をテーマにしたミニコミを作成しようと思ったのと、予算の関係上、ミニコミでは伝えきれない部分を、お伝えできればいいなーということで、ブログを始めたワケです。

続きを読む
posted by fuji_nishi. at 02:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | 白浪五人男

2005年07月14日

白浪五人男とは

 街道の大泥棒・日本駄右衛門を首領とする盗賊団の中でも、スター級(?)の五人組の泥棒のことで、もちろんフィクションです。

メンバーはda_thum.gif盗賊の首領・日本駄右衛門

ben_thum.gif女装の怪盗・弁天小僧

t_thum.gif神出鬼没の盗賊・忠信利平

akaju_thum.gif最年少の盗賊・赤星十三郎

nan_thum.gif元漁師の船強盗・南郷力丸の五人です。

「白浪(しらなみ)」=「盗賊」のことで、
その昔、中国の山西省*の白波谷(はくろうこく)
という場所に、張角と言う盗賊がいて、彼ら盗賊
のことを「白浪賊」と呼んだことに由来するそうです。

山西省-Wikipedia参照のこと(外部リンク)。

「しらなみ」はその訓読み。

enosima.jpg

ちなみに『白浪五人男』とは…続きを読む
posted by fuji_nishi. at 12:38 | Comment(2) | TrackBack(1) | 白浪五人男

遅まきながらのブログデビュー

現在、インフォシークの無料スペースを借りているのですが、あまりにもコンテンツが多すぎて(=要するにヒマってことだ)、せっかく見にいらして下さった方からも、「ページが多すぎて全部は見ていない」というご意見があったのと、運営していくうちに自分でもいったい「何のサイト」なのか、だんだん分からなくなってきたので、ここは一つ「何かに特化したサイト」を作ろうと思いまして、ブログに挑戦しました。

そしてちょうど今、自分の興味が歌舞伎の演目「白浪五人男」にあるので、「白浪五人男」に特化したブログにしました。

途中で飽きてやめてしまうかもしれませんが、それまではよろしくお願い致します。

sira5.gif続きを読む
posted by fuji_nishi. at 01:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | ごあいさつ
人気記事
    富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART