2005年10月30日

ご愛嬌

 「浜松屋」の場面では、お客を喜ばせる「お約束」の趣向として、番頭の与九郎と娘に扮した弁天小僧との間で、こんな会話の*やり取りがあります。

yokurou.gif浜松屋の番頭・与九郎:「ときにお嬢様はお芝居はお好きでござりましょうな」

ben_thum.gifご令嬢に扮した弁天小僧:「アイ、この間歌舞伎座へ参りました」

yokurou.gif与九郎:「さようでござりますか、それならお嬢様のご贔屓は定めてben_thum.gif(弁天小僧を演じている俳優名)でございましょう」

ben_thum.gif弁天小僧:「イエイエ、私ゃben_thum.gif(弁天小僧を演じている俳優名)は大嫌いじゃ。」

yokurou.gif与九郎:「それではt_thum.gif(忠信利平を演じている俳優名)か、akaju_thum.gif(赤星十三郎を演じている俳優名)か……。ウム nan_thum.gif南郷力丸を演じている俳優名)でござりまするな。私はyokurou.gif(与九郎を演じている俳優名)が大贔屓でございます」

と、いった具合。チャッカリ自分達の宣伝をしているところが笑えるし、「今」の部分をふんだんに取り入れているところが、この芝居のスパイスになっているのかも。

続きを読む
posted by fuji_nishi. at 11:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | 浜松屋

二幕目 第一場-雪の下浜松屋-(通し・見せ場)

<見どころ>
 通称、「浜松屋」。見せ場のみで構成されている芝居『弁天娘女男白浪(べんてんむすめ めおの しらなみ)』にもあるように、美女が男へと変貌する弁天小僧の場面は、最大の見せ場である。

[主な登場人物]

ben_thum.gif武家(早瀬主水)のご令嬢に扮した弁天小僧

nan_thum.gif若党・四十八(よそはち)に扮した南郷力丸

hm_thum.gif浜松屋の主人・幸兵衛

sounosuke.gif義理の息子・宗之助

yokurou.gif浜松屋の番頭・与九郎

sj_thum.gif用心棒の鳶頭・清次

daemon_1.gif謎の武士・玉島逸当こと日本駄右衛門

うさん臭い男・駄右衛門の手下・狼の悪次郎

*****
続きを読む
posted by fuji_nishi. at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | あらすじ

2005年10月27日

金百両

百両って、今だとどのくらいの価値なんでしょうね?

原作者・河竹黙阿弥の活躍した時代が幕末だから、もっとも近い慶応年間(1865〜1868)のレートを例に考えてみると、

金1両=銀60匁=銭10貫文(銭1貫文が1000文なので、10000文)だそうです。

当時の一般的な外食メニューの蕎麦が、一杯16文。続きを読む
posted by fuji_nishi. at 10:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | 浜松屋

2005年10月24日

序幕 第三場−*稲瀬川谷場の場−(通し)

[主な登場人物]


hime_thu.gif信田小太郎の許嫁・千寿姫

akaju_thum.gif盗賊の仲間入り・赤星十三郎

t_thum.gif神出鬼没の盗賊・忠信利平

benten_1.gif弁天小僧

daemon2.gif日本駄右衛門

nan_thum.gif南郷力丸

*****
続きを読む
posted by fuji_nishi. at 09:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | あらすじ

2005年10月21日

序幕 第二場−神輿ヶ嶽の場−(通し)

[主な登場人物]


benten_1.gifニセ信田小太郎・実は弁天小僧

hime_thu.gif信田小太郎の許嫁・千寿姫

daemon2.gif修験者に扮した・日本駄右衛門

*****
続きを読む
posted by fuji_nishi. at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | あらすじ

2005年10月19日

捕り手

otte.gif
【とりて】
 「(稲瀬川)勢揃い」の場面と、「極楽寺山門」の場面に大量に(20〜30人ぐらい?)登場します。
 若い男が大勢、舞台ところ狭しとアクロバティックな演技をするのが見物です。この中から、もしかしたら未来の「スター」が出るかもしれません。
続きを読む
posted by fuji_nishi. at 21:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | 青砥左衛門藤綱

2005年10月18日

『白浪五人男考』訂正のお詫びとまとめ

[『白浪五人男考』訂正のお詫びとまとめ]


[地図]
P5・P6:一の鳥居そばのマクドナルドは現在、マンションに。

P5地図:鎌倉宮へと続く道の「わかれみち」は「岐れ路」と書く。

P5:鎌倉・大町・浄明寺地図(P5)の寺の表記は「浄明寺」ではなく、浄妙寺

手描きの(あらすじ)説明の部分、
序幕新清水初瀬観音の場(P24)、
二幕目御輿ケ嶽-谷底の場(P25)、
大詰「極楽寺山門」-「滑川土橋」(P35)
「胡蝶の香合」が「故蝶の香合」となっておりました。

P13の「お約束」その四「様式美」の「浜松屋」での弁天小僧菊之助の・せりふ注意書き12の送り仮名が「うえのみや」となっておりました。(正しくは「かみのみや」)

同じくP13,14の解説と[初演データ]にある「市村羽左右衛門」は、正しくは「市村羽左衛門」でした。

P15の[主な登場人物]の、[浜松屋の場面]浜松屋の主人・※庄兵衛となっておりましたが、正しくは幸兵衛でした。

×日本左右衛門→○日本左衛門

庄兵衛じゃぁ、日本駄右衛門のモデルの人物の日本左衛門の本名(=浜島庄兵衛)じゃんねえ。大変失礼致しました。

P18の日本駄右衛門の項目の「年号」が、延喜三年(1746)となっておりましたが、本当は延享三年(1746)でした。

P33の注32 腰越(こしごえ)の解説。
龍口寺は腰越にはなく、住所で言えば藤沢市片瀬に存在する。

そしてP45の『白浪五人男』版 歌舞伎用語辞典、【そ】の項目【宗十郎頭巾】の説明で、

> 何やら「ひと癖ありそうな」武士の、の「の」が余計でした。

お買い上げ頂いた方には、心よりお詫びを申し上げます。



続きを読む
posted by fuji_nishi. at 20:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | ミニコミ

2005年10月15日

駄右衛門その2

daemon.gif年齢/40歳そこそこ(ツラネせりふ「最早(もはや)四十に人間の、定め注1は僅か五十年、六十余州注2 に隠れのねぇ、賊徒の首領 日本駄右衛門」から察するに)

・現在の静岡県浜松市出身。1000人あまりの大盗賊団の首領。
雪の下の呉服店、浜松屋のせがれ宗之助の実の父親。

[モデルとなった人物]


・モデルは実在した人物、日本左衛門にっぽんざえもん]こと本名/浜島庄兵衛はましましょうべえ](生誕不明〜1747)。

 芝居っ気のある人物で、本当は七里役人の息子なのに、橘の諸兄(たちばなのもろえ)の子孫だと語ったり、『風俗太平記』という芝居に登場する盗賊団のリーダー・日本駄右衛門の役名を、そのまま名乗ったそうです。

 金持ちの家から盗んだ金を貧しい人に貸し付けても、返済を要求しなかったという、日本の義賊第一号。

 黒ビロードの半襟をつけた、ねずみ木綿に龍虎梅竹柄をあしらった加賀染の半纏(はんてん)を着、大小の刀を下げる(=徳川家専用の手紙を運ぶ逓送役人/七里役の制服)「オシャレ泥棒」でもあった。(→七里役人でありながら、副業で泥棒をしていた中村順助との連合で、自分も七里役人になりすましていた。徳川家の手紙を盗み読めたので、仲間は幕府御用金を盗んでいたらしい。)

 三河・駿河・遠江・尾張(現在の静岡県〜愛知県)周辺の二百人あまりの盗賊連合軍をまとめ、東海地方のみならず、伊勢(現在の三重県)、甲斐(現在の山梨県)、相模(現在の神奈川県)など九ヶ国を股に掛け、押し込み強盗などをし、暴れ回った。

延享三年(1746)に出された人相書きによると、

一・丈五尺八寸165〜175cm)ほど
一・29歳、見かけ31〜32歳
一・月額濃く引き疵一寸五分程有(額に約3cmほどの三日月型の目立つ傷あり)
一・色白く歯並び常の通り(色白で歯並び普通)
一・目の中細く、鼻すじ通り、顔おも長なるほう

日本左衛門についての解説は、「お茶街道/歴史探訪 人物クローズアップ/第10回 東海道/江戸時代の大泥棒『日本左衛門』2000/01/15」というサイトが詳しいです。

また、東京都公文書館の古文書解読チャレンジ講座 第11回の「江戸の人相書」にも、日本左衛門の指名手配のお触れ書きが出ています。
続きを読む
posted by fuji_nishi. at 19:55 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日本駄右衛門

まだまだあったよ!間違いが…

 ミニコミ『白浪五人男考』は発売してから約2ヶ月がたちましたが、2件の書店のHPで「入荷情報」として宣伝していただいたおかげで、何冊かは確実に売れているようです。ありがたいことです。先日、ミニコミも扱っている別の書店に電話したら、うまくいけば置いていただける感触でした。これからも頑張りたいです。

 が、タイトルにもあるように、意外と誤字脱字があるのは事実です。要は私のチェック不足なんだけど、なんで後から間違いがポロポロと発覚するんだろう?

-と、言い訳はやめにして、新たな間違いはP18の日本駄右衛門の項目の「年号」が延喜三年(1746)となっておりましたが、本当は延享三年(1746)でした。この場を持ちまして、訂正とお詫びを申し上げます。
また間違いが見つかり次第、このブログとHPにて発表させていただきます。

もしかしたら、まだ間違いがあるかも…(とほほ)。他にも間違いを発見した方は遠慮なく、ご報告いただければ、幸いです。ホントは間違いがないのが一番なんだけどねぇ。

daemon2.gif 日本駄右衛門のモデル・日本左衛門(本名・浜島庄兵衛)が活躍したのは、八代将軍・徳川吉宗の時代です。


続きを読む
posted by fuji_nishi. at 17:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | ミニコミ

序幕 -新清水 *初瀬寺花見の場-(通し)

 いよいよ「白浪五人男」のあらすじに入りますが、解説は、以下の2冊を参考にしていますが、微妙にタイトルや登場人物名が異なる場合もあるので、最近演じられた方に統一しておきます。
 タイトル末尾に(通し)とか(通し・見せ場)とあるのは、(通し)は芝居によってはカットされる場面で、(通し・見せ場)とあるのは必ず見られる場面という意味です。

[主な登場人物]


benten_1.gifニセ信田小太郎・弁天小僧

nan_thum.gif奴・駒平こと南郷力丸

t_thum.gif謎の浪人・忠信利平

akaju_thum.gif信田家の元小姓・今は浪人・赤星十三郎

hime_thu.gif信田小太郎の許嫁・千寿姫

小山家の悪臣・薩島典蔵

小山家の悪臣・浮島大八

小山家の悪臣・岩本運平

小山家の悪臣・大木伴蔵

小山家の忠臣・千原主膳

小山家の奥女中・柵(しがらみ)

十三郎の伯父・赤星頼母(たのも)

[あらすじ]


 桜の花が満開の頃、父・小山判官の三回忌の法要と、国外で病死したという噂のある婚約者、信田小太郎の冥福を祈るために、形見である結納の品「胡蝶の香合」を携えて、初瀬寺長谷寺)に参詣する千寿姫一同。

shinjukugyoensakura.jpg

 小山家の当主は病死し、また娘の千寿姫の嫁ぐ予定であった信田家は、*三浦泰村の讒言によって「お家断絶」となり、当主は切腹、息子の小太郎は行方不明(しかも病死したという噂まである)なので、実質上、婚約の話は立ち消えとなっていた。傷心のあまり、千寿姫自身も尼になる決意をしている。そこへ「お家乗っ取り」を企む悪臣・薩島らは、千寿姫を(信田家を陥れた張本人の)三浦泰村と結婚させようと画策する。姫の心情を慮っている家臣は千原主膳のみで、もはや小山家は「お家存続の危機」に瀕しているのであった。

 やがて法要の時刻も迫り、一同はお堂の中へ入っていく。
続きを読む
posted by fuji_nishi. at 16:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | あらすじ

2005年10月12日

ここはどこ?

 そろそろ「本題(あらすじ)」に入る前に、クイズです。

cat.jpg

クイズ:ここはどこでしょう?
この写真でどこの場所か分かる人は、かなりの鎌倉通かも。

 相変わらずピンボケ写真ですみません。

答えはこちら
posted by fuji_nishi. at 14:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | 鎌倉

2005年10月10日

月影ヶ谷(つきかげがやつ)

 はぁ、「間違い」というほどじゃないけど、またもやミニコミの訂正事項です。
続きを読む
posted by fuji_nishi. at 14:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | 赤星十三郎

2005年10月09日

またしても訂正のお詫び

 今さっき間違いに気づきました・・・

『白浪五人男考』P15の[主な登場人物]の、

[浜松屋の場面]浜松屋の主人・庄兵衛となっておりましたが、正しくは幸兵衛でした。この場を持って、訂正とお詫びを申し上げます。

庄兵衛じゃぁ、日本駄右衛門のモデルの人物の日本左衛門の本名(=浜島庄兵衛)じゃんねえ。大変失礼致しました。
posted by fuji_nishi. at 17:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | ミニコミ

主な登場人物

[主な登場人物]


[盗賊団の花形・五人男]
da_thum.gif盗賊の首領・日本駄右衛門

ben_thum.gif女装の怪盗・弁天小僧

t_thum.gif神出鬼没の盗賊・忠信利平

akaju_thum.gif最年少の盗賊・赤星十三郎

nan_thum.gif元漁師の船強盗・南郷力丸

続きを読む
posted by fuji_nishi. at 14:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | 白浪五人男

初演データ

 この演目の登場人物はあらかた紹介したので、今度は芝居の「あらすじ」など紹介します。

[初演データ]

[脚本]河竹黙阿弥
[初演]文久二年(1862)三月 市村座

[配役]

ben_thum.gif弁天小僧-市村羽左衛門(後の五代目尾上菊五郎) 数えで19歳 

nan_thum.gif南郷力丸aotothum.gif青砥藤綱-四代目中村芝翫 32歳

t_thum.gif忠信利平-初代河原崎権十郎(後の九代目市川團十郎) 25歳

akaju_thum.gif赤星十三郎-岩井粂三郎(後の八代目岩井半四郎) 34歳

da_thum.gif日本駄右衛門-三代目関三十郎

hm_thum.gif浜松屋幸兵衛-六代目市川團蔵

続きを読む
posted by fuji_nishi. at 14:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | 白浪五人男

2005年10月06日

番頭 与九郎

bantou.gif
【ばんとう よくろう】
 歌舞伎『白浪(しらなみ)五人男』で「浜松屋」の場面に登場する人物です。続きを読む
posted by fuji_nishi. at 14:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | 浜松屋

鳶頭 清次

seiji.gif
【とびがしら せいじ】
 歌舞伎『白浪(しらなみ)五人男』で「浜松屋」の場面に登場する人物です。続きを読む
posted by fuji_nishi. at 13:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | 浜松屋

【浜松屋の倅 宗之助】

kozou.gif
【はままつやのせがれ そうのすけ】
 歌舞伎『白浪(しらなみ)五人男』の「浜松屋」の場面と、「雪の下蔵前」の場面に登場する人物です。
続きを読む
posted by fuji_nishi. at 13:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | 浜松屋

浜松屋幸兵衛

hama.gif
【はままつや こうべえ】

 歌舞伎『白浪(しらなみ)五人男』の「浜松屋」の場面と、「雪の下蔵前」の場面に登場する人物です。

続きを読む
posted by fuji_nishi. at 13:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | 浜松屋

2005年10月04日

金が御嶽の…

御嶽(みたけ)神社です。mitakej.jpg続きを読む
posted by fuji_nishi. at 23:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | 忠信利平
人気記事
    富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART