2007年10月28日

萩平舞台公演

 気がつけば約2週間ぶりの更新ですね。

 ところで先週は第10回萩平舞台公演に行って参りました。

hagidaira.jpg

 今回はじめて、旅館の予約やら、お土産購入、特急券の購入などを自力でやりました。当日はどうにか時間内に無事、たどり着けました。

 恥ずかしながら、今まで旅行の手配など「人任せ」にしていたものですから、大変緊張しましたし、内心、ヒヤヒヤしました。

続きを読む
posted by fuji_nishi. at 18:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | 歌舞伎・時代劇

2007年10月16日

花水橋

 未だに平塚・大磯方面を行ったことがなかったので、とうとう先日、ひとり平塚・大磯徒歩ツアーを決行しました。

 平塚は静かだけど、明るい雰囲気の街でした。松がたくさん植えてあって、道路も広いですね。平塚から国道沿いに大磯の方へ向かって、ひたすら歩くと花水橋にたどり着きました。


hanamizub.jpg
ここが花水橋のはじまり(?)です。

hanamizugawa.jpg
花水川。広いです。

hanamizu2.jpg
真横を大型トラックがビュンビュン走る中、ケータイのカメラで撮影していました。相変わらずアホです。

hanamizu3.jpg
さすが吾妻橋にたとえられるだけあって、広くて大きな橋でした。

続きを読む
posted by fuji_nishi. at 22:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | 赤星十三郎

2007年10月14日

近況報告など

 最近、安定したお仕事が決まって、ウキウキしたのもつかの間、またしてもショックな出来事が!

 いつもミニコミの委託販売でお世話になっていた、書肆アクセスさんが11月17日(土)をもって、閉店するそうです。

 がーん!奥村書店の4丁目店閉店のニュースに続いて、かなりの衝撃です。

 ここのお店の方には、いつも親切に対応して下さったので、本当に悲しいです。ここは特に地方の雑誌や、ミニコミを中心に揃えていたので、実に惜しいことです。

 またミニコミを扱ってくれる書店を探すのも大変です。向こうも商売だから「売れる」と分かるものでない限り、なかなか置いてくれないし、電話で問い合わせても冷淡な所が多いのです。そんな中、私のミニコミを快く置いてくださる書店は、非常に貴重な存在です。

 だったら、「最近はやりのレンタルスペース(BOX)で売ればいいじゃない♪」というご意見もあるでしょうが、アレはひと月1500〜5000円(下手すると8000円以上!)ものお金を払って、「売る場所を借りる」だけであって、その金額さえ払えば、「誰でも売れる」わけではないのです。

 逆を言えば、1ヶ月に「場所代以上の売り上げ」を見込めるものを売らないと、かえって損するシステムなのです。レンタルスペース(BOX)の商品が高いのは、そういう理屈なのです。

 中には月に10万円以上稼ぐ人もいるらしいので、レンタルスペースの存在自体は否定はしませんが。ただ、ミニコミは「世間的には需要の低い」ジャンルですし、毎月コンスタントに売れるとは限らないモノなので、私は利用したくない、それだけです。

 話は長くなりましたが、書肆アクセスさんの最後のイベントが、10月15日(月)より11月2日(金)まで催されるそうです。

★ 第6回・書肆アクセス・フェア ★

◆ 「けものみち計画」が選ぶ書肆アクセスの30冊 ◆

「読書の秋」ということで、皆様お誘い合わせの上、神田神保町にお越し下さいませ。

 最後になりましたが、書肆アクセスさま、今まで大変お世話になりました。そして、ありがとうございました。

▼記事が下がってしまったので、あげときます▼
第10回萩平舞台公演 平成19年10月20日(土)
posted by fuji_nishi. at 18:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | ごあいさつ

2007年10月08日

小伝馬町 牢屋敷跡

 明治8年まで江戸幕府の牢屋敷があって、安政の大獄で、かの吉田松陰もここに収容されたそうです。

 日本駄右衛門のモデルである日本左衛門が、ここで打ち首にされたと伝えられます。

rouyyasikiao.jpg

enmeijizou.jpg


続きを読む
posted by fuji_nishi. at 17:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日本駄右衛門

2007年10月03日

玄冶店(げんやだな)

 「切られ与三郎」の舞台となった源氏店は、この玄冶店がモデルだそうです。江戸時代の名医、岡本玄冶(1587〜1645年)がここに住んでいたことに由来する地名だそうです。

<関連記事>
蝙蝠安
 
 このへんは道路一本隔てただけで雰囲気が違うし、どこに何があるのか、まったく見当もつかないので、探すのに苦労しました。

 今では区の施設と公園が合体したような場所になっていました。



続きを読む
posted by fuji_nishi. at 05:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | 歌舞伎・時代劇

2007年10月01日

もしかして数え唄?

<ご注意>はじめに言っておきますが、今回の話はあくまでも「仮説」です。あくまでも「私の憶測」であって、まったく信ぴょう性はありません。

 「勢揃い」の場面で、da_thum.gif日本駄右衛門連ねセリフの中に、浜松、掛川、金谷と、東海道の宿場町の地名がちりばめられているのは有名ですが、ひょっとしたらben_thum.gif弁天小僧のセリフの中にも、東海道の宿場名が入っているのかもしれません。




続きを読む
posted by fuji_nishi. at 17:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | 白浪五人男
人気記事
    富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART