2008年03月30日

東京人

 昔と比べて、雑誌を買うこと自体は少なくなったけど、それでも本屋に置いてあれば、ついつい買ってしまうのは、『東京人』と『散歩の達人』です。

 どちらも東京・首都圏の地域を中心にした、マニアックな雑誌ですが、全体的に『散歩の達人』はゆる〜い雰囲気で、反対に『東京人』は硬派で学術的な要素の強い雑誌です。

 「学術的」と言っても、「専門書」のようにハード(=小さな活字がギッシリ!の論文)ではなく、写真や図版も多く、レイアウトも洗練されているから、実際はそんなに重く感じられないんですけどね。

 大奥の記事でも、参考にさせていただきました。



 特集は「文化の一部」として紹介されている感じで、どちらかと言うと、「入門書」に近いかもしれません。

続きを読む
posted by fuji_nishi. at 18:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | 参考文献

2008年03月29日

白浪五人男ブログについて

 今さらですが、このブログの趣旨と案内です。

 ブログを開設してから3年近くもたって、遅すぎの感もありますが、「何も表明していないよりはマシ」と言うことで、許してやって下さい。


続きを読む
posted by fuji_nishi. at 18:10 | Comment(2) | TrackBack(0) | ごあいさつ

2008年03月23日

白浪五人男の仮装行列

 午前中は「お目当ての稚児行列が見られてよかったね〜」と思ったのもつかの間、今度は正午から「五人男の仮装行列」なので、昼食はどうしよう、という話になりました。

 仮装行列はすばな通りから江の島弁天橋を経由して、江の島参道を通過して、江の島北緑地広場の特設ステージまでのコースらしいので、特設ステージで待ち構えればいいじゃん、という話となり、とりあえず昼食は、すばな通りの定食屋で猛烈なスピードでかっ込んで、また江の島へUターンしました。

 今か今かと待ち構えていたら、本格的な一眼レフカメラを首から下げた「同志」とおぼしき人達を、ちらほら見かけました。時おり、(この後のウルトラマンメビウスショー目当ての)小さな子供たちがバタバタと駆け抜けると言う、うららかな春の午後のひとときでした。

 途中、遠くで「特殊な格好した人」を見かける度に、「今のが五人男かな〜?」、「なぁんだ、違った!」と何度がっかりしたことか。

(あまりにも待ちくたびれたので、途中、母は野菜を買ったり、私は鉢植えの園芸植物を冷やかしで見ていました。)

 予定よりも約1時間遅れて、いよいよプラカードを持った団体が現れ、「アレじゃない?頭も大きいし、da_thum.gif駄右衛門だよ、きっと!」と我々は大興奮!白浪五人男ご一行の到着です。

 さぁ、いよいよ始まるぞ!と、いやがおうにも期待は高まりました。しかしステージに現れたのは・・・続きを読む
posted by fuji_nishi. at 12:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | 江の島

2008年03月19日

稚児行列と貝供養神事

 先日、某タウン紙を読んでいたら、ある記事に目が止まりました。土・日と、「湘南江の島春まつり」というイベントが開催されるという記事でした。

25shonanfes.jpg

 なんと日曜日の午前中は、江島神社で「稚児行列と貝供養神事(貝まつりパレード・稚貝の放流)」が行われ、午後には特設ステージで「白浪五人男の仮装行列&藤沢シャンシャン踊り・キッズダンス&マーチングバンド」が公開されると書かれているではないですか!

続きを読む
posted by fuji_nishi. at 23:10 | Comment(2) | TrackBack(0) | 江の島

2008年03月15日

鎌倉近代建築・その1

 明治〜昭和初期(戦前)にかけて、鎌倉は(当時の)日本を代表する財界人や華族、政治家の別邸や別荘が立ち並び、今で言うところの「スーパー・セレブ」級の人々の保養地でもあったそうです。しかし残念なことに、その頃の建築物は現在、なくなりつつあります。

 今回は、鎌倉駅西口の御成商店街の途中にある、風致保存会(※2013年12月15日まで。同年12月17日より扇ガ谷に事務所移転)の建物を紹介したいと思います。かつてここは小児科(安保小児科医院)だったこともあり、内装が可愛らしくまとめられています。

 大正13年頃に建てられ、平成7年まで実際に小児科として、使われていたそうです。(現・財団法人 鎌倉風致保存会 事務局<旧・安保小児科医院> 平成9年3月1日 鎌倉の重要建築物 第16号指定)

 今では鎌倉風致保存会の事務局として、利用されています。名前と住所を記入すれば、室内を無料で見物できます。(午前9時〜午後4時まで)

参考文献;『鎌倉の景観重要建築物』発行:鎌倉市都市景観課(¥500)

現在は知りませんが、本は鎌倉市役所で買えました。

anpo.jpg 体重計には可愛らしい人形が置いてあり、後ろには「三匹の子豚」?の瀬戸物のモチーフが。

ap_kabe.jpeg ニコニコ太陽

ap_daikon.jpg
 大根(にんじん?)に、ウサギのレリーフの天井飾り 

ap_tsuru.jpg 同じく天井飾り

 ギャ!丹頂鶴のレリーフがリアルです。
(職人さん張り切って作ったんだろうな〜)


続きを読む
posted by fuji_nishi. at 18:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | 鎌倉

2008年03月12日

カテゴリを増やしました

 これまで白浪五人男から外れる話題は、「その他」に分類しておりましたが、記事数が増えてきたのと、カテゴリに「江の島」があるのに「鎌倉」がないのは変、と言うことで、カテゴリを増やしました。

 誠に勝手ながら、以前「その他」に分類されていた記事の中から、いくつか「鎌倉」のカテゴリに移動させました。もしも記事が見当たらなかった場合は、「鎌倉」のカテゴリを見てみるか、ページを更新してみて下さい。以後よろしくお願い致します。

 
posted by fuji_nishi. at 01:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | ごあいさつ

2008年03月09日

アンケート作りました

 と言っても、このブログや人気投票とは、ぜんぜん関係のない内容のアンケートですが。

 現在、「白浪五人男」とは別分野の、新しいミニコミを企画しております。その特集の一つに、男子校についての記事を書こうと考えておりますが、「現実」の私の知り合いで「男子校出身者」は極端に少なく、仮にいたとしても家族と親戚の数人で、内容に偏りが生じてしまいます。

 そこで友達案の 男子校に関するアンケートを作成したので、ご協力お願い致します。現役の学生さんも、OBさんも大歓迎です♪

 アンケート回答は、ミニコミ『ソレイケ』の「男子校特集」の参考資料として、使用します。情報が集まり次第、制作に取り掛かります。

 このアンケートで学校名や、個人名等の「個人情報」は掲載されませんので、ご安心下さい。 もし身近に「男子校」出身者がいらっしゃいましたら、ご紹介下さい。宜しければ、ご協力お願い致します。

*ミニコミはブログや匿名掲示板、mixiなどのSNSと違って、「マイナーな存在」で、知人にバレる確率は非常に低いです。思う存分語って下さい!







(簡易版も作りました)

 今回は「白浪五人男」とは、全く関係のない話題で、大変失礼致しました。
posted by fuji_nishi. at 18:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | ミニコミ

2008年03月07日

第2回 鎌倉観光文化検定

 今年も鎌倉観光文化検定試験が開催されるそうです。検定の詳細や、受験申し込み方法などは、下記のサイトをご覧下さい。

・鎌倉検定
http://www.kamakura-cci.or.jp/kamaken/

【第2回検定試験日】

3級:平成20年6月22日 日曜日 午前10時から
※午前10時から15分程、受検説明後、実施。
(制限時間は90分)

2級:平成20年6月22日 日曜日 午後1時30分から
※午前10時から15分程、受検説明後、実施。
(制限時間は90分)

*今年は3級と2級です。*

【試験会場】

鎌倉女子大学大船キャンパス(大船駅 東口から 徒歩約8分)

【申し込み期間】

平成20年3月3日(月)〜平成20年5月9日(金)

*土・日・祝日の窓口受付およびインターネット受付はしない。
(注;2010年度よりネットでの受付も可能に)

*受付期間中に定員に達し次第、受付終了。

【申し込み方法】

・郵便振込
 平成20年度 鎌倉観光文化検定の実施要項票に必要項目を記入の上、受検料を振込む。

・窓口
 受付窓口で受検申込書に記入の上、受検料を支払う。

*2級受検者で窓口で申し込む場合は、3級認定証を提示する。

*ただし土・日・祝日の窓口受付はしない。

・郵送(現金書留)
 受検申込書に必要事項を記入の上、受検料を同封して、必ず現金書留で所定の宛先に郵送する。

【受検料】

2級:6000円(受検資格:「鎌倉検定」3級認定者)

3級:5000円(受検資格:制限なし)

【出題内容】

 かまくら春秋社発行の、鎌倉商工会議所監修の公式テキストブック『鎌倉観光文化検定公式ガイドブック』の中から、3級は90%以上、2級は(応用問題があるので)70%が出題されるそうです。

※2010年度より1級と2級受検者は、かまくら春秋社発行の『読んで分かる 中世鎌倉年表』という新しいテキスト(定価1575円)からも出題されるそうです。




3級:鎌倉に関すること全般(文化、歴史、史跡、神社、寺院、まつりと行事、暮らし、文学・文士、自然、観光など)の基本的な知識レベルで、問題数は100問、マークシート式(4択)。

2級:鎌倉に関すること全般(文化、歴史、史跡、神社、寺院、まつりと行事、暮らし、文学・文士、自然、観光など)で、やや高度な知識レベルで、問題数は100問、マークシート式(4択)。

*公式テキストブックを昨年購入した人は、新しく購入しなおす必要はないそうです。

 なお改訂版は定価2100円(昨年の鎌倉観光文化検定3級の試験問題と解答つき)です。



 本は発行元の株式会社かまくら春秋社か、鎌倉市内の書店なら確実に入手できると思うので、そちらにお問い合わせ下さい。鎌倉商工会議所2階窓口でも販売しています。

【解答】

鎌倉検定TOPページより、PDFファイルをダウンロードする。

【合格基準】

どちらも70%以上の正解で合格。

【結果発表】

平成20年8月5日(火)

【講習会】

 試験前に鎌倉女子大学大船キャンパス、もしくは鎌倉商工会議所にて※有料で講習会が開催されるそうです。

 私は参加したことが無いのですが、昨年講習を受けた人の話によると、講師の方のお話が面白く、とても解りやすかったそうです。(講習を受けた人の約8割が3級合格だそうです)

※ご注意※今年度の鎌倉検定の講習会は、「検定前」に終了しました。来年度の講習会についてのお問い合わせは、公式サイトか主催元に直接お問い合わせ・ご確認下さい。

3級対策

Aコース:5月24日(土)10:00〜17:00(6H)
講習内容:歴史・旧跡/自然・景観/芸術・文化
受講料:6000円

Bコース:5月25日(土)10:00〜17:00(6H)
講習内容:寺院・神社/産業・生活/行事/「資料」
受講料:6000円

会場:Aコース・Bコースとも鎌倉女子大学大船キャンパス
(どちらも定員は250名まで)

ア:5月20日(火)18:00〜21:00(3H)
講習内容:歴史・旧跡
受講料:3000円

イ:5月21日(水)18:00〜21:00(3H)
講習内容:自然・景観/芸術・文化
受講料:3000円

ウ:5月27日(火)18:00〜21:00(3H)
講習内容:寺院・神社
受講料:3000円

エ:5月28日(水)18:00〜21:00(3H)
講習内容:産業・生活/行事/「資料」
受講料:3000円

会場:※ア〜エの会場は鎌倉商工会議所
(定員は各60名まで)

2級対策

Cコース:5月31日(土)10:00〜17:00(6H)
講習内容:歴史・旧跡/自然・景観/芸術・文化
受講料:6000円

Dコース:5月25日(土)10:00〜17:00(6H)
講習内容:寺院・神社/産業・生活/行事/「資料」
受講料:6000円

会場:Aコース・Bコースとも鎌倉女子大学大船キャンパス
(どちらも定員は250名まで)

※講習会の受講料は試験とは別料金。

 講習会は事前に鎌倉商工会議所の<窓口>か、<FAXまたは郵送>で申し込めます。

<窓口受付>
平日(月〜金)営業時間(午前9:00〜午後5:00)内に、鎌倉商工会議所2階窓口で直接支払う。

<FAXまたは郵送>
指定の口座に振込んだ後で、「受講申込書」に必要事項を記入のうえ、FAXまたは郵送して下さいとのことです。

 検定の詳細や、受験申し込み方法などは、下記のサイトをご覧下さい。

・鎌倉検定
http://www.kamakura-cci.or.jp/kamaken/

続きを読む
posted by fuji_nishi. at 12:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | 鎌倉

2008年03月04日

クイズ;女物の着物はどこで入手したのか?正解

 前回のクイズの続きです。

 「浜松屋」の場面で、弁天小僧ben_thum.gifが着ていた振袖は、どうやって入手したものでしょうか?

 正解は…
続きを読む
posted by fuji_nishi. at 17:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | 浜松屋
人気記事
    富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART