2008年06月26日

第2回鎌倉検定の解答

 6月22日(日)に行われた、第2回 鎌倉観光文化検定2級と3級の問題と解答PDFファイルが、鎌倉検定の公式サイトTOPページに出ています。

 受検して正解を知りたい方は、リンク先のページからPDFファイルをダウンロードして下さい。(パソコン推奨)

 私は今年は受検しなかったのですが、検索結果でここに辿り着いた人が多いようなので、取急ぎ。

※ご注意※今年度の鎌倉検定の講習会は、「検定前」に終了しました。来年度の講習会についてのお問い合わせは、公式サイトか主催元に直接お問い合わせ・ご確認下さい。
続きを読む
posted by fuji_nishi. at 16:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | 鎌倉

2008年06月20日

色悪

いろあく 【色悪】

 色男の悪役。

 ありったけ性格が悪くて、妻や恋人、家族を女郎屋に売り飛ばすなんて朝飯前、お金や出世のためなら、詐欺や人殺しだって平気でしてしまうような若い男のこと。

例;「桜姫東文章」の釣鐘権助。「東海道四谷怪談」の伊右衛門。

※いわゆる「好青年」とは正反対の存在で、「女性の天敵」とも言える存在。

<関連記事>ギャル桜姫
posted by fuji_nishi. at 17:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | 用語辞典

2008年06月07日

奥津宮周辺

 前回、江の島訪問の際に、見忘れた場所を中心に見てきました。

yamafutatsu2.jpg 再び山二つ(ピンぼけ)

ejmjkame.jpg 奥津宮神社の元・手水場の亀

happounirami.jpg 八方睨みの亀(天井画)

 名前の由来は、どの場所から見ても、亀がこちらを睨んでいるように見えるから、と伝えられています。

hpnrmsetsumei.jpg 八方睨みの亀の説明

「天井絵 八方睨みの亀

亀は古来めでたく 蓬来山を背負い 不老長寿の象徴とされています。

奥津宮 御祭神のお使いとして 皆様の祈願成就を見守ります

原画 享和三年 酒井抱一 筆

模写画 大正15年 野沢堤翠 筆

復元画 平成六年 片岡華陽 筆

江島神社」

kengyo.jpg 山田検校さんの像


続きを読む
posted by fuji_nishi. at 23:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | 江の島

2008年06月02日

満福寺

 「腰越状」で有名な満福寺(まんぷくじ)へ行って参りました。
manpukujiannai.jpg 江ノ電・腰越駅そばの案内

 平家を滅ぼした功績をたたえられた源義経は、後白河法皇に(兄の源頼朝の許可なく)検非違使の尉(判官)という官位を与えられて以来、頼朝に疎まれてしまった。

 義経一行が鎌倉入りしようとした際に、彼らは腰越より先の鎌倉に入ることを禁止された。兄・頼朝の怒りと不信感をなくそうと、義経は滞在先の満福寺で、頼朝の側近である大江広元に宛てて、(兄を説得するよう)「腰越状」を書いたとされています。

manpukuji.jpg 到着〜♪

 ここは鎌倉彫の襖絵でも有名ですが、賽銭箱の上の柱や梁、欄間の彫刻(獅子や鳳凰、義経と弁慶など)も素晴らしかったです。あと室内の竹の柱の彫刻も、かなりレベルが高いです。

 昔の宮大工さん(で良いのでしょうか?)の技術力の高さに感嘆いたしました。

btedamaishi.jpg 弁慶の怪力ぶりを物語る手玉石

 ここはお守りやおみくじ、お土産物(腰越状のレプリカ、弁慶や義経のフィギュア、念珠など)が凄く充実していて、うっかりすると散財してしまいます。

 拝観料200円

 義経庵という宿坊もあるみたいです。
 続きを読む
posted by fuji_nishi. at 00:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | 鎌倉
人気記事
    富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART