2008年07月27日

鎌倉近代建築・その2

 鎌倉彫のお店、寸松堂(すんしょうどう)です。

sunshodo08.jpg 寸松堂/正面


 昭和11(1936)年、商店兼住宅として建築された和洋折衷(寺院建築と城郭建築、町屋を合体させたような外観が特徴的)の建物です。設計と施行は鎌倉市内の大工・西井喜一・正二の親子によるもので、この建物の他に、長谷の白日堂(同じく鎌倉彫の店)も、彼らの代表作だそうです。

hakujitsudo.jpg白日堂

sunshodo.jpg
平成4年2月1日 鎌倉の景観重要建築物 指定第4号

(注意;後ろにマンションが建つ前の頃の写真)

ssd_seisaku.jpg 寸松堂の内部/製作場
 風流ですね。鎌倉彫教室も行われているようです。

 ここの鎌倉彫は、オーソドックスなデザインで好感がもてます。

参考文献;『鎌倉の景観重要建築物』発行:鎌倉市都市景観課(¥500)


続きを読む
posted by fuji_nishi. at 19:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | 鎌倉

2008年07月22日

最近、買った歌舞伎本

 図書カードをもらったので、久々に本を買いました。



 歌舞伎に出てくる衣装や小道具、髪型のていねいな解説があり、写真もいろんな角度から見たものが掲載され、大変分かりやすいです。今まで髪型を「適当」に描いていたので、これからはこの本をチェックしながら描けそうです。

 ところで、お姫様hime_thu.gifの頭につける、銀色の冠のような吹き輪(花簪)が、「紙製」だとは全然知りませんでした。小道具は軽量化とか、舞台映えなど、ちゃんと考えて作られているのですね。



 これは漫画です。よく歌舞伎などで上演されているものの、具体的には「どんな話」なのか分からなかったので、購入。シンプルながらも情緒のある絵とストーリー展開なので、話の流れ全体を知るには、最適なのではないかと思います。

 妻の情念と行動力で、夫を死から再生させたところと、勧善懲悪なところが痛快で、大変素晴らしいと思います。



 たとえばタイトルに「曽我」とついていても、どれも同じ内容のお芝居とは限りません。中には「曽我もの」とは、「全く関係のない話」だったりすることも、歌舞伎の世界ではよくあることです。

 そのカラクリや、当時(江戸時代)の歌舞伎はどんなものだったのか?という、現代人の素朴な疑問に答えてくれた1冊です。


続きを読む
posted by fuji_nishi. at 19:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | 参考文献

2008年07月18日

検索の世界からコンニチハ 2(海外の人達が気になる(らしい)画像たち)

 前回に引き続き、どのようなキーワードや画像で、ここに辿り着く人が多いのか、検証したいと思います。なんと今回は、「海外編」です。

 このブログはごく稀にですが、海外から見に来て下さる人もいらっしゃいます。その時に、「自分のブログが世界に発信されていたんだ〜」と、改めて実感します。

海外の人達が気になる(らしい)画像たち


山伏-YAMABUSHI-

 やっぱり厳しい修行と、独特の衣装に興味を持つ人が多いようですね。

yamabushi.jpg 修行で苦悩する利平さま

ybs.jpg 山伏(横)

ybsb.jpg 山伏(後)

 私も山伏姿の人を見たことがないので、見に行きたいです。やっぱり東京近郊だと、高尾山か高幡不動ですかね?ただ、朝早く出かけるのは、かなりキツそうです(できるのか?)。

続きを読む
posted by fuji_nishi. at 12:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | 白浪五人男

2008年07月17日

検索の世界からコンニチハ 1(もっとも検索されるキーワードほか)

 ブログ3周年記念特集として、今回は「どのようなキーワード(もしくは画像)で、ココに引っ掛かったのか?」を発表したいと思います。

-もっとも検索されるキーワード-


「白浪五人男」、「白波五人男」、「白浪五人」、「白波五人」、「白浪」、「五人男」、「志ら浪など

評)このブログでも、お馴染みのキーワードですね。ほぼ毎日、いずれかのキーワードで訪問されています。どこかで「白浪五人男」が上演される前後の時期は、特に多いです。

 あとは歌舞伎関連のキーワードや、宗十郎頭巾、季節もの(浴衣手拭い鎌倉検定など)も意外と多いですね。

-コレって何の呪文?なキーワード-


「ヌロイグソテヒ」、「イホノロロヘムクロ」、「イホノロロ。。グソヘ」、「イマテンフロ-、フロ」、「イヨウ。」

 どうやら文字化けしているようです。「ヌロイグソテヒ」は「白浪五人男」のことみたいですが、それ以外は分かりません。これだけを読んだら、何かの呪文みたいですよね。

続きを読む
posted by fuji_nishi. at 19:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | 白浪五人男

2008年07月15日

ブログ三周年

 昨日でこのブログが誕生して、早くも3年がたちました。最初はブログの操作が分からなくて、記事を書き込むのも一苦労でしたが、今では基本的なことなら、なんとか操作出来ます。

 やはりレンタル先の会社(シーサー)様の技術の進歩と、サーバーが安定し、操作が楽になったという事情も大きいですね。

 まさか1つのテーマで3年続くとは、自分でも思いませんでした。ここまで続けて来られたのは、ひとえに訪問して下さる人々のお陰でございます。


続きを読む
posted by fuji_nishi. at 20:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | ごあいさつ

2008年07月14日

人気投票その後・・・

 お陰さまで前回、念願の100票を達成致しました。100票を集めるのに、約2年半ほど掛かりました。アンケートや投票で「数」を集めるのが、これほど大変だとは思いませんでした。本当に投票にご協力いただいた方々に感謝です。ありがとうございました。

 ちなみに前回は以下のような結果となりました。

第1位ben_thum.gif女装の怪盗・弁天小僧36票

第2位akaju_thum.gif最年少の盗賊・赤星十三郎30票

第3位nan_thum.gif元漁師の船強盗・南郷力丸17票

第4位da_thum.gif盗賊の首領・日本駄右衛門9票

第5位t_thum.gif神出鬼没の盗賊・忠信利平8票

合計100票


 さて、今回の結果発表です。

---------------

続きを読む
posted by fuji_nishi. at 13:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | 白浪五人男

2008年07月11日

鐘も七つか六浦川

六浦川

たまたま用事があって、この近辺を訪れました。

やっぱり規模が大きいですね!
続きを読む
posted by fuji_nishi. at 11:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | 忠信利平

2008年07月06日

7月突入!

 早いもので、もう7月です。海開きのニュースや、プールの歓声を聞くと、「夏!」だと実感します。

 お互いに熱中症や夏バテには気をつけましょう。

otokonamazu.jpg

 夏バテとは無縁そうなキャラクターと言えば、「暫」に登場する男鯰。ナマズのヒゲに見立てた、もみあげの三つ編みが超キュート?キテレツな見た目がたまりません。

 このブログも7月で3年になります。また(ショボい)記念企画や、人気投票の結果発表などをしようと思います。
posted by fuji_nishi. at 18:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | ごあいさつ

2008年07月01日

江戸っ子気質

 以前の記事でも紹介した『東京人』2008年4月号に、噺家の柳家小満んさんの「江戸っ子気性。」という興味深いコラムがありました。



 短気喧嘩っぱやいが、後々まで引きずらないさっぱりとした性質が、江戸っ子の気性なのだそうです。

 お互いに言いたいことをその場で言って、後は(自分が怒ったことや、喧嘩の時の相手の言動を)お互いに忘れるのが礼儀であり、相手の失礼な物言いを根に持って、後でネチネチ言うのは野暮、という認識が当時はあったようです。

(そうすると不意打ちの復讐なんてのは、江戸っ子にあるまじき最大級の恥で、卑怯な行為だったんだろうなぁ〜。)

続きを読む
posted by fuji_nishi. at 22:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | 弁天小僧
人気記事
    富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART