2012年05月30日

「浜松屋」の場面での弁天小僧の衣装

 「浜松屋」の冒頭の場面で、ben_thum.gif弁天小僧は武家の令嬢(早瀬主水の娘・お浪)に、nan_thum.gif南郷力丸はそのお供の武士(若党・四十八)に扮して登場します。

hensou.jpg

 この時の弁天小僧の衣装[注:『季刊雑誌 歌舞伎第三号』松竹株式会社(昭和44年1月)参照]は、以下の通りです。


続きを読む
posted by fuji_nishi. at 14:41 | Comment(2) | TrackBack(0) | 弁天小僧

2012年05月29日

江戸好みの配色?

 「浜松屋」の冒頭の場面で、ben_thum.gif弁天小僧は武家の令嬢(早瀬主水の娘・お浪)に、nan_thum.gif南郷力丸はそのお供の武士(若党・四十八)に扮して登場します。

hensou.jpg

 これが上方(関西)の大店の娘役だったら、もっとカラフルな髪飾り[注:イメージ]でデコレーションされていて、着物も色柄が華やかなものを着ているところですが、「武家の関係者」という設定だからか、弁天小僧の装い「黒とを基調にした清楚な色柄の着物で、南郷も武士らしく地味な色合い・細かい柄(小紋)の着物をチョイスしています。

 なんにせよ弁天小僧が女装に成功したのは、この「黒との着物が大きく貢献しているのではないかと思うのです。(同じく「三人吉三」のお嬢吉三ojkch.jpgも)

続きを読む
posted by fuji_nishi. at 15:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | 浜松屋

2012年05月25日

歌舞伎の筋書(パンフレット)の売り場

 歌舞伎を初めて御覧になる方にとって、筋書(すじがき・パンフレット)は芝居を観る上で、イヤホンガイドとともに大変重宝すると思います。もちろん、歌舞伎鑑賞歴十数年以上の方でも、毎回購入される方も少なくありません。

 なぜなら同じ演目でも、(たまにシリーズ化して出演する俳優と役柄が固定化されることはあっても)いつでも・どこでも毎回毎回、同じ俳優×配役の組み合わせであることはまずないし、演出家によって作風も変わるからです。

例:9501p.jpg平成7年1月歌舞伎座パンフレット(1995年1月)

筋書きの構成

【巻頭ページ】
●(その期間その劇場で演じられる)芝居の演目のグラビアページ(カラー写真)

【あらすじ・解説】
●詳しいあらすじと登場人物の名前(俳優名)・演目に関する解説と見どころ

【読み物】
●俳優陣のコメント(芸談)や関係者の制作秘話
●表紙の絵の解説
●歴代の上演記録(主に戦後〜最近まで)
●合間合間にインフォメーション・広告

【巻末】
●同時開催している他劇場の公演情報・翌月の案内など
●その月に登場する全俳優の顔写真(白黒)と名前、屋号(これは主役級の俳優陣まで)
●劇場の見取り図・座席表・チケットホン・プレイガイドの案内

が収録されております。(総ページ数は約P90〜P120)

p0404.jpg平成16年4月歌舞伎座パンフレット(2004年4月)

【価格】
●通常1冊1200円、襲名披露や特別公演などの場合は、気合の入ったグラビアカラーページや別冊(歌舞伎俳優総覧)が増えるため、1冊1500円でした(1999〜2008年頃)。

 また外国人観客のために、英語版の筋書きは1冊500円で売っています。こちらは各演目の白黒写真1ページとあらすじ、歌舞伎用語辞典、上演時間、劇場の見取り図と座席表と、シンプルな構成となっています。大きさはA5サイズ、36ページくらいです。こちらは英語の勉強にもなるかも?

kbpanf.jpg

 肝心の売り場はと言うと、続きを読む
タグ:歌舞伎
posted by fuji_nishi. at 14:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | 歌舞伎・時代劇

2012年05月18日

秩父歌舞伎正和会第30回定期公演

 お知らせです。

 平成24年5月19日(土)・20日(日)の2日間にわたり、秩父歌舞伎正和会の定期公演が開催されます。

【開催日】平成24年5月19日(土)・20日(日)

【会場】道の駅ちちぶ 特設会場 平成秩父座

※今年の会場は例年の市民会館ではなく、「道の駅ちちぶ」の敷地内に舞台を組んでの、屋外特設会場となります。

【公演内容】

歌舞伎
■秩父歌舞伎正和会
演目
「絵本太功記 十段目尼崎閑居之場」
「菅原伝授手習鑑 車引之場」
「神霊矢口渡 由良兵庫邸之場」

■花の木小学校歌舞伎クラブ
■萩平子ども歌舞伎
演目
「吉例曽我対面 工藤館之場」
「青砥稿花紅彩画 稲瀬川勢揃之場」

伝統芸能
秩父屋台囃子、秩父市荒川白久・神明社神楽、秩父市吉田井上・貴布禰神楽、秩父市黒谷獅子舞 等
秩父の土産品、グルメ等の販売ブース多数あり

【開催時間】午前11時〜午後4時 

【お問い合わせ先】
■秩父歌舞伎正和会事務局 秩父市上町3-21-32(深津 方)
 TEL: 0494-24-9926

■秩父歌舞伎正和会保存会事務局(芸術文化会館内)
 秩父市教育委員会文化財保護課内
 TEL: 0494-22-2481
 FAX: 0494-23-9294

 5月17日付の朝日新聞デジタル版でも紹介されています。

 以上、お知らせでした。明日・明後日とお天気が良いといいですね。

タグ:歌舞伎
posted by fuji_nishi. at 19:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | 歌舞伎・時代劇

2012年05月07日

へろへろ

 おかげさまで昨日開催の文学フリマは無事終了致しました。当日、会場にお越しいただき、わざわざ私共のブースにお立ち寄りいただいた皆様方と、毎回イベントに参加し協力してくれる親友2名に、感謝感謝です。

 肝心の売り上げは赤字もうやだ〜(悲しい顔)でしたが、当日3名の方が男子校アンケートに協力して下さるという、想定外の嬉しい出来事もありました。

 ただし翌日の今日は、全身筋肉痛でへろへろです。これにめげず、次回も頑張りたいと思います。

続きを読む
posted by fuji_nishi. at 17:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | ごあいさつ
人気記事
    富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART