2006年02月25日

あかぼし

あかぼし【明星】古語

 夜明け頃、東の空に光る星。「明けの明星」。金星。

akaju_thum.gif赤星十三郎ツラネせりふの最後の方に「今日ぞ命の明け方に消ゆる間近き星月夜 其名も赤星十三郎」とあるように、彼の名字って、やっぱりこの言葉から由来しているんでしょうか?
[参考文献]


* 『例解古語辞典・第二版』 佐伯梅友・森野宗明・小松英雄 編著・三省堂(1987年)

kabuki3.jpg
『季刊雑誌 歌舞伎第三号』松竹株式会社(昭和44年1月)

posted by fuji_nishi. at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 用語辞典
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/12700812
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
人気記事
    富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART