2006年07月16日

『白浪五人男』と「戦隊ヒーロー」との関連

 だんだん『白浪五人男』とは関係のない話題や、どうでもいい私の身の上話が増えてきたので、再び「五人男」関連の話題を入れておきます。

 ところで、現代の「戦隊ヒーローもの」の元祖である、石ノ森章太郎原作の『秘密戦隊ゴレンジャー』(1975年4月〜1977年3月放送・NET系)のモデルは『白浪五人男』*と言われていますが、ご存知でしたか?

PR:

 たしかに「五人組」で、敵と闘う前に毎回、「自己紹介みたいな口上」をするあたり、そっくりですね。

 それ以前に放映されたテレビアニメ『科学忍者隊ガッチャマン(1972年10月〜1974年9月放送・フジテレビ系列)も五人組でキャラクターの設定が似ていると思います。

PR:
 
 すなわち「五人組」の役柄はリーダー役クールな二枚目グループのまとめ役の女性まじめな新人お笑いに分類できそうです。

それぞれ「五人男」に置き換えると、


[ちなみに表記はゴレンジャー=ゴ、ガッチャマン=ガ(登場人物名)とする]

da_thum.gif盗賊の首領・日本駄右衛門
ゴ・アカレンジャー
(大鷲のケン)


ben_thum.gif女装の怪盗・弁天小僧
ゴ・モモレンジャー
(白鳥のジュン)


t_thum.gif神出鬼没の盗賊・忠信利平
ゴ・アオレンジャー
(コンドルのジョー)


akaju_thum.gif最年少の盗賊・赤星十三郎
ゴ・ミドレンジャー
(燕つばくろの甚平)


nan_thum.gif元漁師の船強盗・南郷力丸
ゴ・キレンジャー
(みみずくの竜)

ですかね。

*"戦隊ヒーローもの"の人数を基本的に「5人組」にしたのは、「3人では少なすぎるし、7人では多すぎる。その中間の5人がちょうどいい人数だから」と、東映テレビの吉川進氏による発案だそうです。ちなみに吉川氏は「人造人間キカイダー」、「仮面ライダー」、宇宙刑事シリーズ、戦隊シリーズなど、数々の"特撮ヒーローもの"を手掛け、ヒットさせた人物である。

<関連記事>
「戦隊ヒーロー」と「色」との関連

昔の資料が出てきた♪

気になるヒーローもの

熟女戦隊BBA48(?)

<キャラクター比較記事>
南総里見八犬伝との関連

静と動

【参考文献】
『GON!』[ミリオン出版/1995年/ハト石橋(取材・文)]/COMIC GON!(コミックゴン!)大特集 「メイドインジャパン アメリカの平和もこれで大丈夫だ!!のヒーロー、アメリカに大逆襲!? "パワーレンジャー(東映)"大人気の秘密!!」
posted by fuji_nishi. at 15:17 | Comment(2) | TrackBack(0) | 白浪五人男
この記事へのコメント
ゴレンジャー以降に登場した忍者モチーフの「カクレンジャー」「ハリケンジャー」、侍モチーフの「シンケンジャー」、そして2015年、またしても忍者モチーフの「ニンニンジャー」。
「ハリケンジャー」は名乗りの場面に、白浪ものの影響が如実に見える。
赤「人も知らず」青(女)「世も知らず」黄「影となりて悪を討つ」
全員「忍風戦隊ハリケンジャー!」 
赤「あ、参んー上ぉー!」
Posted by Georva at 2015年05月09日 20:33
Georvaさま

返信が遅くなってしまい、申し訳ありませんm(_ _)m。

最近では、すっかり戦隊ヒーローものを見る機会が、なくなっていたのですが、やはり今でも「白浪五人男」の影響が残っているのですね〜。

貴重な情報をありがとうございました。
Posted by fuji_nishi. at 2015年05月16日 16:14
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/20106181
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
人気記事
    富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART