2006年08月26日

お役立ちサイト

[とっても参考になるサイト]


 日本の古典文学・古典芸能を鑑賞する上で、参考になるサイト群

風俗博物館 京都にある風俗博物館のサイト。精密に作られた源氏物語の舞台(人形サイズ)や、衣裳などが展示されています。四季折々の京都の花の写真も美しいです。平安貴族の雅びな世界ヘと誘います。

こよみのページ 旧暦から新暦、今日の月齢などが分かる、大変お役立ちのサイトです。 

義経伝説 歌舞伎の世界では曾我兄弟とともに、メジャーな義経。実は「白浪五人男」でも、忠信利平と赤星十三郎の設定が、微妙に「義経伝説」と絡んでいます。

新八犬伝をもう一度見ようよ! おそらく「白浪五人男」の骨子となったであろう、『南総里見八犬伝』。その『南総里見八犬伝』を題材にしたNHKの名作人形劇「新八犬伝」の復刻を願うCarinaさんのサイトです。

コインの散歩道 いつの世も「お金の価値」は気になるもの。「昔の貨幣」の価値が現代ではどのぐらいに相当するのか、文献でひも解く興味深いサイトです。

NEWビバ!江戸 江戸時代の社会の仕組みがすみずみまで分かります!

江戸東京博物館 両国にある江戸文化を中心に扱った博物館です。

東京都立図書館 浮世絵の蔵書が素晴らしい。

川崎市市民ミュージアム3階のビデオライブラリーでは、国内・外国のテレビCMが視聴できるらしいですよ。

桃屋 サイトの中には、歴代のCMを解説した「のり平アニメ博物館」があります。素敵!

[世のため人のためサイト]

NPO法人 スマイルオブキッズ 私もお世話になったことのある神奈川県立こども医療センターの近くにあります。

 小児医療は特に、重度の難病や大怪我であればあるほど、患者本人とそのご家族の身体的・心理的・経済的負担は相当なものです。地方から診療を受けている方は、さらに宿泊費がかさみ(=こども医療センターは交通が不便・完全看護体制のため家族は付き添いが出来ない)、大変でした。

 2008年6月より、患者さんとご家族が格安で宿泊できるリラのいえがオープンし、今年(2010年)からは(お見舞いを出来ない患者さんの)兄弟の預かり保育も始まったようです。

 趣旨に賛同いただけたなら、ご協力よろしくお願い致します。

このブログへのリンクはご自由にどうぞ。
posted by fuji_nishi. at 19:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | リンク集
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/20321669
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
人気記事
    富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART