2011年12月02日

若党

わかとう 【若党】

 侍の家来の中で、最も身分の低い(=足軽ぐらいの階層)武家の者。

※ただし戦乱のなくなった元禄以降は、武家に奉公・大名行列に参列している者の大半は、"武士の装束"を身につけた庶民であり、「武家」出身の者は殆どいない。

 これらの者は人宿(=今で言う派遣会社みたいな組織)から派遣された、日雇いや長くても1~2年の奉公人である。

 生まれ故郷を捨て、江戸に流れた*無宿者も少なくなく、粗暴でマナーの悪い者や、徒党を組んで暴れる者もいて、数々の騒動を巻き起こした。雇い主の人宿や武家は彼らの扱いに困惑し、実際には彼らの横暴を阻止出来る者は少なかった。


 だから「浜松屋」の場面で、nan_thum.gif南郷力丸のような乱暴者が扮装しても、案外バレなかったのかもしれませんね

 一方、akaju_thum.gif赤星十三郎中小姓という肩書があったので、正真正銘の武家出身です。

<関連>

「浜松屋」

中小姓


[参考文献]
大名行列を解剖する―江戸の人材派遣 (歴史文化ライブラリー) [単行本] / 根岸 茂夫 (著); 吉川弘文館 (刊)

大名行列を解剖する―江戸の人材派遣 (歴史文化ライブラリー) [単行本] / 根岸 茂夫 (著...
posted by fuji_nishi. at 18:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | 用語辞典
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/238100500
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
人気記事
    富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART