2011年12月29日

過去ログ2011年

 今年も残りわずかとなりましたね、という訳で毎年12月恒例の過去ログ記事です。2011年の過去ログは以下のとおりです。

phone to携帯電話からの方は、画面下の*「過去ログ」の欄(スクロールバー)から、「ご覧になりたい年月」をご指定下さい。

2011年過去ログ


2011年4月ログ

2011年12月ログ


◇過去ログ2005年

◇過去ログ2006年

◇過去ログ2007年

◇過去ログ2008年

◇過去ログ2009年

◇過去ログ2010年

◇過去ログ2012年

◇過去ログ2013年

◇過去ログ2014年

◇過去ログ2015年

◇過去ログ2016年

 私事ではありますが、今年も昨年同様、多忙かつ変化の激しい1年でした。また3月11日の東日本大震災を境に、私の中でがらりと価値観が変わった年でもありました。

 これまで私自身は「生」に対する執着心はあまりなく、「(どうせ私なんて社会的存在価値もないし)いつ死んでもいいや」と考えておりましたが、あの大揺れが続いた中、思わず発した言葉は「ごめんなさい。やっぱり死にたくない!」でした。

まったく一体、誰に向かって言ってんだか分からない言葉ですが、その日の朝、祖父の「余命6ヶ月」でもう長くはないという話を、祖母から聞いたばかりだったせいかもしれません(結局、その1ヶ月後の4月に祖父は95歳で亡くなりました。命日はキャンディーズのスーちゃんと一緒です。)。

 口では「いつ死んでもいい」と言ってはいても、今まで私の人生「無事やり遂げたこと」、果たして成功体験はどれだけあっただろうか?若い頃なんか大した努力もして来なかったし、世の中なめて生きてきたから、そのしっぺ返しを喰らって、今めちゃめちゃ苦労している。このまま死ぬのはあまりにも中途半端、ということを痛感しました。

 また、祖父の分まで古典文学を読むこと、ミニコミで旧制学校の特集を完成させる、という祖父と交わした「約束(?)」も、ほとんどまだ実行していません。たとえ他人から馬鹿にされても、これらを実現させ、一つでも多くの取柄を増やしてから死にたい、震災以降、強くそう思うようになりました。

 今年は心身ともにキツい出来事の連発で、辛いことも多い1年でありましたが、気づきと実りの多い年でもありました。

 最後になりましたが、来年は皆さんにとって良い1年であると良いですね!来年も宜しく致します。
posted by fuji_nishi. at 01:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | 過去ログ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/243213167
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
人気記事
    富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART