2012年07月15日

浅葱色は当時のサラリーマン・カラー?

 「浜松屋」の場面のnan_thum.gif南郷力丸は、ブルーグレー系の羽織を着ています。

hensou.jpg

 江戸時代、武士の羽織の裏地に浅葱色の木綿が使われたことから、「浅葱色=武士」を象徴するようになり、遊里では(まだ遊び慣れていないくせにぶって粋がっている江戸詰<=単身赴任で地方から江戸に出張で来ている>の武士が多かったことから)野暮な田舎者」のことを*「浅葱裏」とあざけっていたようです。

 ちなみに浅葱(あさぎ)色とは、緑がかった薄い藍色(薄い青緑色)のことです。

参考サイト
浅葱色-Wikipedia
浅葱色とは-コトバンク
 

 ちなみに「浜松屋」の南郷力丸の衣装は、以下の通りです。[注:『季刊雑誌 歌舞伎第三号』松竹株式会社(昭和44年1月)参照]

【髪形】
・袋附若党
後にガッタリ(崩れ髪の鬘)

【着物】
・藍銘仙小弁慶着付(藍色の銘仙・小弁慶格子の着物の着付)
・茶小倉袴(茶色の小倉袴)
・木綿カツオ縞割羽織(木綿製のカツオ縞<縦じまの部分がグラデーションになっている>のスリットの入った羽織)。

下着:むきみ絞り襦袢

【小道具】
・銅金大小(日本刀)。
・叺(かます・中身の入った袋の意)莨(たばこ)入。
[イメージ画像]

【履物】福草履

 <関連記事>

「浜松屋」

da_thum.gif日本駄右衛門

「浜松屋」での日本駄右衛門の衣装

ben_thum.gif弁天小僧

「浜松屋」の場面での弁天小僧の衣装

江戸好みの配色?

nan_thum.gif南郷力丸

若党

一見、地味な役どころ

野暮

hm_thum.gif浜松屋幸兵衛

浜松屋幸兵衛の衣装

sounosuke.gif宗之助

浜松屋宗之助の衣装

sj_thum.gif鳶頭・清次

鳶頭 清次の衣装

◆クイズ2 揃いの着物の使用目的
 
◆揃いの友禅の着物

◆志ら浪の傘



<余談>
*今でもサラリーマンのスーツがダークカラー(黒・紺・グレー)が主流だったり、就職活動中の女子学生のスーツが黒一辺倒だったり、はたまた世の中に「お入学用の(親子)面接スーツ」なるものが存在するように、結局みんな「保守的」に流れてしまうのは仕方ない一面もありますよね。

 「無個性」だの、「ダサい」と揶揄されようが、実際には「無難な(リクルート)スーツ」しか売っていないし、採用する方も奇天烈な外見の人物を採用しないんだから、「それを着るしかない」現状をまるで分かっちゃいねぇな!

(まぁ、就職氷河期にも拘わらず大手民放の女子アナになった同学年の知人は、面接時に白いスーツを着ていたようですが。ただし彼女の場合、マスコミという派手な業界にふさわしい、美人で高学歴のお嬢様だから採用されたという、非常に特殊な例だと思います。)

<参考文献>
kabuki3.jpg『季刊雑誌 歌舞伎第三号』松竹株式会社(昭和44年1月)
posted by fuji_nishi. at 16:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | 南郷力丸
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/275286824
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
人気記事
    富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART