2017年02月19日

腰越状

こしごえじょう【腰越状】

 平家追討の合戦で功績を挙げた義経は、兄・頼朝を差し置いて後白河法皇から高い役職(=検非違使の尉)を与えられたことで、頼朝の不興を買ってしまった。そのことで義経は鎌倉越えを許されず、腰越に留まることになった。

 義経は滞在先の満福寺で、頼朝の怒りと誤解を解くために、大江広元の方から説得してもらえないかと依頼した書状のことを、腰越状という。

 『吾妻鏡』に記載されているが、史実かどうかは不明。
posted by fuji_nishi. at 15:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | 用語辞典
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/447147180
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
人気記事
    富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART