2017年02月22日

雉も鳴かずば打たれまい

きじもなかずばうたれまい【雉も鳴かずば打たれまい】

 「口は災いの元」という意味。

 鈴ヶ森で幡随院長兵衛に「お若ぇのお待ちなせぇ」と呼び止められた白井権八は、「雉も鳴かずば打たれめぇ」(=わざわざ俺に声を掛けた「命知らず」がまた現れたゼ。おっさん、俺に気づかれちゃったせいで、新たな犠牲者になるかもよ?)と長兵衛に警告した訳です。

 それだけ自身の剣の腕前に自信があり、内心「こんなに多くの人を殺してしまう俺ってば、罪な男・・・」みたいなナルシシズムも感じられるセリフです。
posted by fuji_nishi. at 09:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | 用語辞典
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/447238102
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
人気記事
    富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART