2017年07月11日

色々ありまして…

 大変ご無沙汰しております。ここ数ヶ月間、身辺でゴタゴタがありまして、更新できない状況でした。いちおう体調は万全、元気です。

 今年も連絡のやり取りをする人が増えたりと、私生活では割と恵まれている方かもしれません。ありがたいことにミニコミのお問い合わせの話があり、本も2冊売れました。実にありがたいことです。細々とでもブログやミニコミを続けて来て良かったです。今後も誰かのお役に立てるよう、頑張りたいです。

 ここしばらく更新できなかったのは、実は「お仕事(本業)」上の問題が勃発したからです。



 これまで真面目に働いてきたものの、仕事の段取りが悪く、周りの人よりワンテンポ作業が遅れることが多々あり、「鈍くさい奴」と一部の先輩方から目をつけられていました

 私自身は「手を抜かず仕事をしてきた」自負はあるし、ギリギリでも一応「勤務時間内」には終了していたから、業務違反している訳でなし、雇用契約上とくに問題ない(=クビにはならない)と思っていました。「仕事に関する」アドバイスだけには気をつけて、それ以外の悪口や意地悪には"無反応"の姿勢を貫き、これまでなんとか耐えてきました。

 しかし、私が言い返さないのを良いことに、先輩方は年々、私に対してだけは厳しく、無礼な態度で接するようになりました。基本的に先輩方は「私のやることは全否定」。何をしても「ダメ出し」ばかりで、仕事のミスの原因も(中には先輩のミスまで)全て「私のせい」にされていました。それに対する弁解をさせてもらえる余地はなく、ただ叱責されるのみでした。

 私への暴言・陰口・意地悪は当たり前、ついには他の同僚の前でもモラハラまがいの悪口(=まったく「仕事とは関係のない」私の家族の悪口)まで言うようになり、いよいよ我慢の限界になってきました。



 ある日のこと、あまりに理不尽かつ矛盾した物言いを先輩がされるので、思わず正論を言って抗議したところ、先輩方の逆鱗に触れたらしく、社員を差し置いて「ベテランパート」の権限とやらで、私の出勤日だけ極端に減らされてしまいました。

 仕事を干されてヒマなので転職サイトを閲覧していたら、けっこう近場でも求人を出しているし、時給1000円越の所もあるではありませんか!よく考えてみれば、職場では「最底辺」の私でも5年近くは働いてきたのだから、まったくの「業界未経験」ではないことに気づきました。「勤続年数」だけを見れば、もしかしたら余所でなら「経験者」として扱われ、やって行けるかもしれないと思うようになりました。

 そもそも私は「会社」に雇われているのであって、先輩方に雇われている訳じゃない。手抜きしてスピードアップすることが"有能"と言って憚らない、大威張りの割にはちょくちょく無断欠勤するような無責任きわまりない先輩方だって、所詮は私と同じ「パート」じゃないか。私は彼女達の奴隷じゃない!

 いくらベテランとはいえ、「一介のパート」に他のパート全員への連絡(出勤日の変更等)を任せたり、単独でシフトを組む<=独断で「特定の人(私)」のシフトを削る>「重要な役目」を与える職場もおかしい。これらの業務は本来「上司の仕事」で、労働規約違反です。

 サイコパスみたいな人達を優遇する職場に、このまま私が居座ったところで、今後も会社は助けてくれないだろうし、仲良くしてくれる同僚も同情はしてくれても、(自分達まで巻き添えになる事を恐れて)表だって助けられない状況です。もはや私にとって「未来のない職場」ということがハッキリしました。精神衛生上、先輩方との接触はもう無理だと思いました。



 これ以上、先輩方の「横暴」を容認することは私の尊厳を傷つけ、「惨めな結末」になるのは目に見えている。先輩方は数々のクズエピソード(=店員を脅して商品を値切った話など)を自慢するようなDQN(ドキュン)。文句を言って騒げば「要求が通る」と思っているクレーマー気質の人達だから、何をしでかすか分からない。最悪の場合、我が家の全財産を脅し取られる事態に陥るかもしれないし、命を落とすことだってあるかもしれない。

 訳の分からないうちに「赤の他人」に家を乗っ取られ、家族まで巻き添えになった凄惨な事件を、いくつか思い出しました。きっと「事件の被害者」達は親切で優しいけれど、押しに弱くハッキリ断れないタイプだったのでしょう。



 少なくとも私は「お人好しの善人」ではありませんが、おそらく「コイツ(=私)は何を言っても反撃してこないし、“職場の嫌われ者”(注;毎回誰かの陰口ばかり聞かされて、周りも辟易しているけれど、否定・反論・先輩抜きで世間話をしようものなら、自分達まで『攻撃対象』になるから「何も言えない」だけ)だから誰もかばわないし、いくら悪口を言っても大丈夫♫」と、見下されてきた訳です。いくら私が間抜けの愚図だからと言って、「人として」やって良いことと悪いことがある。これ以上、先輩方に舐められないためにも、将来カモられないためにも、これまでの曖昧な態度を改めなければなりません。

 本来なら仲裁に入るべき立場の上司は、親分格の先輩の「言いなり」(=私が相談したことを先輩にチクりそう)なので信用できない。かつて勤めていた人の関係者の話によると、その先輩は昔からトラブルメーカーで、「気にくわない」同僚に難癖つけては、何人も追い出した過去があるそうです。とりあえず「当時の同僚」と揉めていたことは事実らしく、傍若無人な先輩にキレた同僚が、当時の上司に苦情を訴えたところ、上司は「先輩の味方」につき、その対応に怒った同僚の大半が、一斉に辞めていった騒動が「私達が入る前」にあったのだそうです。

 おそらく今回も会社は先輩の味方につくだろうし、前にいた人達の訴えみたいに「揉み消される」可能性もある。どうせ辞めるにしても、泣き寝入りはしたくなかったし、相談内容が記録される「公的な機関」に訴えることにしました。いじめもパワハラも「なかったこと」にされてたまるもんか!



 結果として、上司と先輩方に逆恨みされてしまい、かえって職場に居づらくなってしまいましたが・・・そもそも「ルール違反の喧嘩」を仕掛けてきた向こうが悪いのだし、こちらは「合法的な手段」で反撃したまでです。たとえ私が負けても、「次の犠牲者」を出さない為にも「外」に声を出し、ブラック企業(=DQNの巣窟)である「証拠を残す」ことが大事なのです。

 そんな中、同業他社に面接を申し込んでみたところ、面接ではこれまでの勤続年数を評価され、業務内容も規模もさほど大差ないことが判明し、労働時間が長くなる分、私でも仕事について行けそうと確信が持てたので、思い切って転職しました。

 幸いにも間髪を入れずに再就職できて、再就職先が以前よりも数段マトモな職場で、お給料も増えたので、結果としては良かったです。(今後どうなるか分からないけれど)このまま頑張っていけたら良いなと思います。
posted by fuji_nishi. at 23:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | ごあいさつ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
人気記事
    富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART