2005年09月15日

真面目な泥棒初心者

akaju.gif
【あかぼし じゅうざぶろう】

※重三(郎)という表記もあり。

 「五人男」の一員でありながら、非常に印象の薄いキャラクターです。他のメンバーが多少、「やさぐれた」感じ(=いかにも悪者で「ただ者ではない」凄みがあったり、チンピラな雰囲気)なのに対して、赤星はあまりにもマジメでまともな雰囲気なので、「何でこの人が泥棒なの?」と思わずにはいられません。

 特に「(稲瀬川)勢揃い」の場面では、さすが元武家の小姓だけあって、衣裳の着こなしが真面目で、余計「場違い」な感じがします。

 実は「止むに止まれぬ事情」で盗みに手を出して、盗賊の仲間入りをしてしまった、年若い(たぶん今の中2〜3ぐらい)少年です。まぁ「通し」で見ないと、そういう事情がかっ飛ばされて、分からないのですが。

関連記事:役の配分

※先日、「星月夜の井戸」の説明にも登場した、権五郎神社の「面掛け行列」が9月18日(日)にあるそうですよ。なんでも歌舞伎『暫』の主人公の命日だそうです。興味のある方はぜひ。

 でも最初に言っておきますが、昭和の雰囲気が残る「こじんまりとした」住宅街・道路なので、とにかく狭い!そこをお面を掛けた人々が練り歩くので、まず混雑するのは間違いありません。自動車でのお越しは絶対にご遠慮下さい。
posted by fuji_nishi. at 10:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | 赤星十三郎
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/6943109
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
人気記事
    富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART