2005年10月09日

初演データ

 この演目の登場人物はあらかた紹介したので、今度は芝居の「あらすじ」など紹介します。

[初演データ]

[脚本]河竹黙阿弥
[初演]文久二年(1862)三月 市村座

[配役]

ben_thum.gif弁天小僧-市村羽左衛門(後の五代目尾上菊五郎) 数えで19歳 

nan_thum.gif南郷力丸aotothum.gif青砥藤綱-四代目中村芝翫 32歳

t_thum.gif忠信利平-初代河原崎権十郎(後の九代目市川團十郎) 25歳

akaju_thum.gif赤星十三郎-岩井粂三郎(後の八代目岩井半四郎) 34歳

da_thum.gif日本駄右衛門-三代目関三十郎

hm_thum.gif浜松屋幸兵衛-六代目市川團蔵

[参考文献]
9501p.jpg
平成7年1月歌舞伎座パンフレット『松竹百年 寿 初春大歌舞伎』

kabuki3.jpg
『季刊雑誌 歌舞伎第三号』松竹株式会社(昭和44年1月)

『市川団十郎の代々 下巻』伊原青々園 著/市川宗家(大正6年)



 歌舞伎座のパンフの写真がボロボロなのが恥ずかしい(私の筆ペンのイラストの墨の汚れまである!)ですが、初心者の私でも、かなり分かりやすい解説があって、とても重宝しています。

歌舞伎座のパンフ(筋書)新品で1冊1200〜1500円ぐらいだったと思います。

 歌舞伎に関する本は、銀座の奥村書店が品揃えが充実しています。『季刊雑誌 歌舞伎第三号』はここで買いました。

<関連記事>
四代目 中村芝翫

役の配分(バランス)

初演時の俳優さんの干支
posted by fuji_nishi. at 14:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | 白浪五人男
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/7910020
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
人気記事
    富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART