2008年03月29日

白浪五人男ブログについて

 今さらですが、このブログの趣旨と案内です。

 ブログを開設してから3年近くもたって、遅すぎの感もありますが、「何も表明していないよりはマシ」と言うことで、許してやって下さい。


ご挨拶


 白浪五人男ブログをご訪問いただき、誠にありがとうございます。当ブログは歌舞伎や「白浪五人男」に関連する事柄、私の雑感を中心に綴っております。

 好奇心の赴くままに行動していますが、私自身は特に「誰のファン」でもなければ、どこの後援会に所属している訳でもありません。

 ある意味、自由気ままと言えますが、その分「歌舞伎界の人間関係(交友関係)や屋号」はほとんど知らないし、私自身の「観劇のマナー」も言動も、歌舞伎通の「常連」の方々とは、雲泥の差があります。

 歌舞伎に関する事柄は(なるべく多くの文献を参照し)、出来る限り正確な情報を提供するよう、心がけておりますが、このブログの発信する情報が「100%正しい」とは言えません。

 個人で勝手に「白浪五人男の研究・追跡(?)」らしきことはしているものの、あくまでも「素人研究」で独学です。 中には私個人の憶測や、勘違いによる記述もあります。時折「妄想が暴走」して、話題がトンデモない方向へ疾走することもありますので、ご容赦願います。

 このブログは年に1度、歌舞伎観賞するかしないかの、ずぼらで忘れっぽい女のまとめた「備忘録&データベース」という位置づけです。

 間違いや不都合な箇所が分かり次第、大々的に訂正、または削除することもありますので、「アレ?この前と内容が違う!」と、驚かれないよう、お願い致します。

*当ブログはしがない一個人が運営している、「ごく私的なもの」です。歌舞伎に携わる(松竹株式会社などの)企業や団体、人物とは一切、何の関係もございませんので、歌舞伎に関する高度な質問等はご遠慮ください。



 もし万が一、当ブログの情報により何らかの不都合が生じたとしても、当方では一切の責任を負いません。あくまでも「世の中にはこういう考え方もあるんだな」程度に、受け止めていただければ幸いです。

著作権について


*当ブログ内の文章と図画(写真・イラスト)の無断掲載、複製、改変を堅く禁じます。また、これらの文章ならびに図版を用いて、私への許可なく商業利用することを(ないでしょうが)堅く禁じます。

※Please ask me first before reprinting my illustration

 同様に「特定の人物」を批判・揶揄する目的で、SNSや匿名掲示板に当ブログの画像・URLを表示する事を堅く禁じます。(私の描いた山伏の絵が某2●h系列の掲示板にて、私の許可なく・勝手に・なおかつ「不本意」な形で利用されて、かなり迷惑しています。私自身は皇族の方を批判も揶揄する意図はまったくなく、「名誉棄損」の片棒を担がされるのは、甚だ迷惑なため、削除をお願い致します。)

もしも、そのような書き込みを見かけたら、ご一報下さい。🎩

 また当ブログでは、歌舞伎の動画や歌舞伎俳優の画像(動画含む)は一切、公開もリンクもしておりません。

 「他者」の著作権と肖像権、放映権等、「複雑な利権」に触れる(=もし使用するのであれば、正規の手続きと掲載許可、場合によっては多額の費用が必要になる)ため、紹介出来ないのが実情です。あらかじめご了承下さい。

 もし動画をお探しであれば松竹株式会社が運営している歌舞伎専門サイト、歌舞伎美人(かぶきびと)や、独立行政法人 日本芸術文化振興会の運営している文化デジタルライブラリーユネスコ無形文化遺産―歌舞伎への誘い-(グーグル等で検索して下さい)などの公式サイトをご覧になるか、いつ削除されるか分からない・変なサイトに誘導される恐れもありますが、各自が自己責任の上、YouTubeなどの「動画投稿サイト」でお探しになることをお勧めします。

 もし万が一、ご要望やお問い合わせがありましたなら、メールフォームまで、宜しくお願い致します。

リンクについて


 基本的にリンクフリーです。トラックバックも大歓迎です。その際に、そちらのURLさえ明示してあれば、連絡は不要です。こちらの著作権や人格権、私生活などを侵害しない限りは、文句は言いません。

 ただし以下のような書き込みや、トラックバックは予告なく削除することがあります。あらかじめご了承下さい。


・当ブログ内容と著しく無関係な内容

・文章が意味不明


(例:意味のないアルファベットや単語の羅列で「文章」になっていない、リンクの羅列など)


・自身のサイトへの「宣伝」が見え見えの「機械的」な書き込み(=ほぼ同時期にあちこちのブログに「まったく同じ感想」を書き込むなど)


 内容によっては1回は掲載・お返事しますが、2回目以降は掲載しません。


・非合法なものなど「不適切な内容のもの」


・「過剰で強引な勧誘・宣伝・誇大広告がメイン」のサイト



 こんなに小うるさいブログでも宜しければ、相互リンクも大歓迎です。

その際には通信可能なメールアドレスサイトのURLサイトの趣旨メールフォームに記入してご連絡下さい。

当方の基準とサイトの内容(特に上記のようなサイト)によっては、お断りする場合もありますので、あらかじめご了承下さい。

※アフィリエイトについて


 当ブログは※アフィリエイト広告を導入しています。アフィリエイトの広告収入は、このブログの記事作成の「資料」と、ミニコミの印刷代や送料など、活動費の一部として活用されます。

 なるべくブログの記事と関係がありそうで、便利で役立ちそうなもの、安心でお得なサービスを中心に選んでいます。

 チケットの予約や商品購入は、「提携先の会社」と行うことになります。予告なく内容や価格などが変更されることがありますので、ご了承下さい。

アフィリエイトとは、正式に企業の「使用許可」を得た広告のことです。

少なくとも私は出会い系やギャンブル系、キャッシング・投資系、怪しい情報商材(例:パチンコ必勝法とか競馬予想、ロトくじ当選法を「有料で教えます」みたいな商売。実際は「お金を払う価値のない」役に立たない情報が多い。)、マルチ商法には絶対に手を出さないし、人様にも決して勧めません。

DO THE RIGHT THING! 不正に負けないアフィリエイト!

※ただしスマートフォンからの閲覧の際には、強制的に広告が配置されており、うっかりクリックしがちですので、ご注意願います。その広告自体は私が選んだものではありません(=ブログ主には広告の種類や内容・配置など選ぶ余地なし。もちろんクリック収入は、私の収入にはなりません。)ので、お気をつけ下さい。

『白浪五人男考』の広告主さま募集


 「納品のおしらせ」の記事でも申し上げたように、ただいま英語版『白浪五人男考』の英訳中です。値段はまだ試算の段階ですが、印刷費が値上がりしない限り、「日本語版」よりは少し安く設定するつもりです。

 おそらく英語版は需要が少ないだろうし、印刷部数も70部程度に抑えようと思います。アフィリエイトの広告収入を印刷費に回せれば、もっと値段も抑えられて良いのですが、残念ながらそこまで収入がないのが現実です。(「現実」は厳しいですね)

 詳細は英語版『白浪五人男考』のページをご覧下さい。

※ちなみに『白浪五人男考』の発行部数や在庫状況、掛かった費用等をご覧になりたい方は、このブログのTOPページ右側の、一番上のリンク集「fuji-nishi.関連」/『白浪五人男考』をご覧下さい。

 お問い合わせ・ご連絡はメールフォームまで、宜しくお願い致します。
posted by fuji_nishi. at 18:10 | Comment(2) | TrackBack(0) | ごあいさつ
この記事へのコメント
私は歌舞伎は見たこと有りません
興味も有りませんでした

ひょんな切っ掛けでお富さんのセリフからヤフーの歌舞伎の名セリフを見つけまして
七五調にのめりこみました

このブログにたどり着いた時は狂気しました

言葉の意味や場所の解説でますます興味が湧いてきました

雪の下や星月夜等まるで芝居の為にある様な地域なんですね

足腰の丈夫なうちに尋ねて見たいです
歌舞伎音痴68歳福田です

Posted by フクダ at 2008年08月16日 07:52
フクダさま

書き込みありがとうございます。
七五調の言い回しは、ハマりますよね。

私も歌舞伎は年に1度鑑賞できれば良い方で、
これまでに観てきた演目は少ないです。

まだまだ未熟なブログですが、歌舞伎に
興味を持っていただけたようで、光栄です。

だいたい鎌倉周辺は観光スポットが集中しているので、日帰りで行ける所が多いです。

雪ノ下や長谷のあたりまでなら、(狭い道路なので車の往来にさえ気をつければ)道は平坦で、距離的にも、そこまで足腰に負担は掛からないと思います。

まだまだ残暑が厳しいですが、もう少し涼しくなりましたなら、ぜひ鎌倉へいらしてみて下さい。
Posted by fuji_nishi. at 2008年08月16日 15:38
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/86151822
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
人気記事
    富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART