2017年03月08日

白井権八(しらい ごんぱち)

 江戸時代前期に実在した人物、平井権八をモデルにした浄瑠璃や歌舞伎の演目で登場する役名。

 ちなみに平井権八(ひらい ごんぱち)という人物は、寛文・延宝(1661-1681)期頃の因幡(いなば・鳥取)出身の武士。

 家中の本庄助太夫を殺害し、国元から出奔。江戸で渡り徒士奉公をしているうちに、吉原の三浦屋の遊女、小柴と深い仲になる。遊郭に通い詰めた挙げ句、金に困った権八は、辻斬り強盗(=強盗殺人)を重ねて、延宝7年(1679)に処刑(磔刑・たっけい)された。権八の死後、小柴も後を追って自害したと伝えられている。

 この事件を元に、美形の若衆の白井権八として、幡随院長兵衛と架空の共演(?)エピソードを加えられ、次々と浄瑠璃や歌舞伎に舞台化される。


続きを読む
posted by fuji_nishi. at 12:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | 歌舞伎・時代劇

2016年09月09日

明治以前、明治以後

 江戸時代の歌舞伎は、どうやら「現代歌舞伎」とは性質が異なるものらしく、もっとライブ感あふれるミュージカルや、ジャニーズコンサート張りの「華やかさと派手さ」があったのかもしれません。

 歌舞伎に「様式美」と「芸術性」が問われるようになったのは、「明治」以降のことだそうです。このような変化が生じた主な原因として、大衆の好みの変化と、西洋文化の影響で「芸術性」やら「崇高なテーマ」がない作品は知的でなく、野蛮みたいな思想を押し付けられた、というのがあるらしいです。

 価値観の変化は、日本が鎖国から開国に方向転換した時に、それまでの歌舞伎が「前時代の遺物」扱いされて大衆に飽きられてしまったのと、「新しい物好き」の江戸っ子は西洋文化のハイカラなものを歓迎したようです。

 当時の日本は植民地化していないにせよ、完全に欧米諸国には舐められた外交(関税自主権がない・治外法権が認められていないので、日本滞在の「不良外国人」による横暴も罪に問えない)されていたことからも分かるように、日本は「未開の地」扱いで一段低く見られていました。

 そもそも「人を見下す」思想の持ち主が、他国の文化の「優れた面をほめる」訳がないのに、日本は欧米諸国と対等に肩を並べるため発展を急ぐあまり、「地位」や「名誉」、「権威」を求め、必要以上に自国の文化を卑下し、彼らの文化の“受け売り”を真に受けてしまった、という面もあるのかもしれません。

 文化や言語は違えども「面白い」ものは面白いし、インパクトの強いものは記憶に残るし、「凄い」と思えるものは感動するものですよね。

<関連>
散切物
続きを読む
posted by fuji_nishi. at 10:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | 歌舞伎・時代劇

2016年02月07日

県の広報

 を読んでいたら、大変興味深い催しが行われるそうです。概要は以下の通りです。

 【伝統芸能の未来を考える

 開催日:2016年3月18日(金)
 開催時間:13:30〜17:00(13:00開場)
 会場:神奈川近代文学館

 最寄駅:みなとみらい線「元町・中華街駅」徒歩10分
 内容:伝統文化の継承や、地域活性化の取り組みを考えるシンポジウム。
 講師:人類学者・川田順造氏ほか
 定員:150名

 申込方法:(1)HP
か、
(2)往復はがき
行事名と(申込代表者の)郵便番号・住所・氏名(ふりがな)・参加希望者(4名まで)全員の氏名(ふりがな・1枚につき4名まで)を明記し、
「〒231-8588(住所の記載は省略可)県文化課<シンポジウム係>」まで明記し、3月10日(木)までに県文化課(☎045-210-3806)へ申込み。

 だそうです。

続きを読む
posted by fuji_nishi. at 21:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | 歌舞伎・時代劇

2015年11月14日

これって、どうなの?

 当ブログでも、筋書の売り場について、たびたび問題提起?しているのですが、残念ながら改善されていないのかな?と思うことが、ちらほらありまして。

 これらの記事を書きこんでから何年も経つのに、現在もなお、検索で当ブログに辿り着かれる方が多いのです。ということは、大元のサイト様が改善されていない(=筋書の売り場を明示していない・アナウンスしていない)ものと思われます。

 先日、放送された『ズームイン!!サタデー』(日本テレビ)の歌舞伎特集を拝見し、歌舞伎揚げの秘密や、現在のイヤホンガイドや一幕見席の値段を知れて、良かった部分もあるのですが、未だに「筋書の売り場と値段」が謎のままでした。

 まぁ、確かにセリフを現在進行形で解説してくれる、「イヤホンガイド」は場所とらないし、便利ですよね。歌舞伎座に至っては、液晶タブレット(?)みたいなものが、字幕で解説してくれる有料サービスもあるらしいから、主催者の思惑としては、「筋書(パンフレット)いらず」なのでしょう。

 でも、映画を観に行く時は、記念としてパンフレットを購入することは、わりと普通なことだと思うのですが。あるいは後日、「資料」として、筋書を読み返したい人もいるかもしれません。そういった意味で、筋書を欲しいと思っていらっしゃる観客も、多いことでしょう。

 そういう「潜在的なニーズ」があるのに、アナウンスしないのは非常にもったいない話だと思います。

 珍しいお土産情報やグルメ情報も大事だし、着物を着て観劇・写真撮影も「いい思い出」になりますが、本来の「観劇」の部分で、記憶に残るサービスが、ないがしろになっているような気がします。

 着物で観劇にしても、男性の着物は構造がシンプルだから、長時間の観劇でも苦にならないでしょうが、女性用の着物は帯が重く、着付に何重もの紐でギュウギュウに締めつけられて(着物に慣れた人でもない限り)苦しい、トイレの後は着崩れしやすい、場合によっちゃ観劇どころではなくなるのではないかと、思ったりもします。

 そんなことを考えていた矢先、twitterで気になる記事の紹介がありました。もし嘘や誇張がなければ、ゆゆしき事態です。
続きを読む
posted by fuji_nishi. at 01:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | 歌舞伎・時代劇

2015年07月07日

描いてみた

ogatabaian.jpg似てねぇ…

 【昭和スター倶楽部】菅原文太さまの白黒ブロマイドを元に、da_thum.gif日本駄右衛門を描こうとしたら、ゴリラっぽいフランケンシュタインになってしまい、ボツにしたことがあるぐらい、似顔絵は下手だし苦手だわ〜(汗)。

[PR]


Googleイメージ画像検索/必殺仕掛人 藤枝梅安

 ちなみに私がテレビで『仕掛人』を観たのは、加賀まりこがやけに色っぽい後妻さん(性悪)役で登場している回でした。

続きを読む
タグ:時代劇
posted by fuji_nishi. at 13:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | 歌舞伎・時代劇

2014年09月08日

歌舞伎公演ご招待キャンペーン

 今日は「歌舞伎を観たいけど、チケットの入手方法が分からない」、「歌舞伎は敷居が高くて・・・手が出ない」という歌舞伎ビギナーの方には朗報(?)な情報をお知らせ致します。

 来月の国立劇場(大劇場)では、「通し狂言 双蝶々曲輪日記(ふたつちょうちょうくるわにっき)」が公演されるそうですね。

 国立劇場十月歌舞伎公演「通し狂言 双蝶々曲輪日記(ふたつちょうちょうくるわにっき)」

[出演]松本幸四郎・市川染五郎ほか
[公演期間]10月4日(土)〜27日(月)国立劇場 大劇場
[最寄駅]地下鉄 半蔵門線 半蔵門駅か、有楽町線/半蔵門線/南北線 永田町駅下車

 DHCでは現在、来月10月26日(日)の1日限定ですが、国立劇場(大劇場)・昼の部(12時開演-16時半終演予定)公演の「通し狂言 双蝶々曲輪日記(ふたつちょうちょうくるわにっき)」の歌舞伎公演のチケット※を、「DHC対象商品」お買い上げのお客様の中から抽選で、特別席50組(100名)をご招待キャンペーンを実施中です。申込締切日は9月25日(木)です。

[PR]DHCオンラインショップ

 このキャンペーンの凄いところは、当選者全員が舞台と花道にも近い席(注:座席は選べません)で、「公演プログラム」と「幕間のお食事つき」、そして公演終了後の舞台見学の特典付きなところです。

※チケット当選者には「チケット引換券」を発送(10月上旬予定)されるので、引き換え方法の詳細は同封の案内状をご確認のうえ、公演当日(10/26)には本人確認のため「身分証明書」の提示が必要なため、身分証明書をご持参下さい。もちろん当選した「チケット引換券」および「公演チケット」の転売・譲渡は禁止だそうです。

 以前も「チケットを入手するには?」という記事を書いたのですが、今回は懸賞でも歌舞伎チケットを入手できるという、一例です。

 こんな太っ腹な特典は滅多にないので、興味のある方はこの機会に※「DHC対象商品」(リンク先を参照)を購入し、キャンペーンに申し込まれてみては如何でしょうか?

【ご注意】

 「健康」や「ダイエット」は、適度な運動と睡眠、栄養バランスのとれた食事を、定期的にとることが大切です。

 健康補助食品はあくまでも「健康を”補助”するもの」であって、どんなに良い商品であっても、過剰な摂取はお勧めできません。

 また、現在お薬を服用中の方は、サプリメントとの「飲み合わせ」の(弊害)問題もあるので、使用前にまず、かかりつけの医師や薬剤師に相談することを推奨致します。

 化粧品も「お肌に合うもの」、低刺激(=ここの商品は成分表示も書いてあるので、そういう意味では信頼できます)なのものを選び、お肌を清潔にしつつも「汚れを取り過ぎない・傷つけない」お手入れと保湿を心掛けることが、美肌への近道だと思います。

 もし万が一、体質に合わなかった、体に異変が起きた場合は、直ちに使用をやめ、正規の医療機関(病院・皮膚科など専門科のある医院)に掛かることをお勧め致します。
タグ:歌舞伎
posted by fuji_nishi. at 16:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | 歌舞伎・時代劇

2013年07月22日

検索の世界からコンニチハ 5 (松竹さん、頼んますよ〜)

 引き続き今回も「どのようなキーワード(もしくは画像)で、ココに引っ掛かったのか?」を発表したいと思います。

 ここ1〜2年で急激に増えたキーワードで、(単語の順番や表現は微妙に違えど)ほぼ毎日のように検索されるキーワードがございます。

● 歌舞伎(座) 筋書 
● 歌舞伎 パンフレット 値段
● 歌舞伎 筋書 チケット売り場


 
以下の文章は、「検索ワード」から推察される事柄を私なりに解釈した物で、あくまでも憶測に過ぎません。あらかじめご了承ください。
posted by fuji_nishi. at 14:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | 歌舞伎・時代劇

2012年05月25日

歌舞伎の筋書(パンフレット)の売り場

 歌舞伎を初めて御覧になる方にとって、筋書(すじがき・パンフレット)は芝居を観る上で、イヤホンガイドとともに大変重宝すると思います。もちろん、歌舞伎鑑賞歴十数年以上の方でも、毎回購入される方も少なくありません。

 なぜなら同じ演目でも、(たまにシリーズ化して出演する俳優と役柄が固定化されることはあっても)いつでも・どこでも毎回毎回、同じ俳優×配役の組み合わせであることはまずないし、演出家によって作風も変わるからです。

例:9501p.jpg平成7年1月歌舞伎座パンフレット(1995年1月)

筋書きの構成

【巻頭ページ】
●(その期間その劇場で演じられる)芝居の演目のグラビアページ(カラー写真)

【あらすじ・解説】
●詳しいあらすじと登場人物の名前(俳優名)・演目に関する解説と見どころ

【読み物】
●俳優陣のコメント(芸談)や関係者の制作秘話
●表紙の絵の解説
●歴代の上演記録(主に戦後〜最近まで)
●合間合間にインフォメーション・広告

【巻末】
●同時開催している他劇場の公演情報・翌月の案内など
●その月に登場する全俳優の顔写真(白黒)と名前、屋号(これは主役級の俳優陣まで)
●劇場の見取り図・座席表・チケットホン・プレイガイドの案内

が収録されております。(総ページ数は約P90〜P120)

p0404.jpg平成16年4月歌舞伎座パンフレット(2004年4月)

【価格】
●通常1冊1200円、襲名披露や特別公演などの場合は、気合の入ったグラビアカラーページや別冊(歌舞伎俳優総覧)が増えるため、1冊1500円でした(1999〜2008年頃)。

 また外国人観客のために、英語版の筋書きは1冊500円で売っています。こちらは各演目の白黒写真1ページとあらすじ、歌舞伎用語辞典、上演時間、劇場の見取り図と座席表と、シンプルな構成となっています。大きさはA5サイズ、36ページくらいです。こちらは英語の勉強にもなるかも?

kbpanf.jpg

 肝心の売り場はと言うと、続きを読む
タグ:歌舞伎
posted by fuji_nishi. at 14:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | 歌舞伎・時代劇

2012年05月18日

秩父歌舞伎正和会第30回定期公演

 お知らせです。

 平成24年5月19日(土)・20日(日)の2日間にわたり、秩父歌舞伎正和会の定期公演が開催されます。

【開催日】平成24年5月19日(土)・20日(日)

【会場】道の駅ちちぶ 特設会場 平成秩父座

※今年の会場は例年の市民会館ではなく、「道の駅ちちぶ」の敷地内に舞台を組んでの、屋外特設会場となります。

【公演内容】

歌舞伎
■秩父歌舞伎正和会
演目
「絵本太功記 十段目尼崎閑居之場」
「菅原伝授手習鑑 車引之場」
「神霊矢口渡 由良兵庫邸之場」

■花の木小学校歌舞伎クラブ
■萩平子ども歌舞伎
演目
「吉例曽我対面 工藤館之場」
「青砥稿花紅彩画 稲瀬川勢揃之場」

伝統芸能
秩父屋台囃子、秩父市荒川白久・神明社神楽、秩父市吉田井上・貴布禰神楽、秩父市黒谷獅子舞 等
秩父の土産品、グルメ等の販売ブース多数あり

【開催時間】午前11時〜午後4時 

【お問い合わせ先】
■秩父歌舞伎正和会事務局 秩父市上町3-21-32(深津 方)
 TEL: 0494-24-9926

■秩父歌舞伎正和会保存会事務局(芸術文化会館内)
 秩父市教育委員会文化財保護課内
 TEL: 0494-22-2481
 FAX: 0494-23-9294

 5月17日付の朝日新聞デジタル版でも紹介されています。

 以上、お知らせでした。明日・明後日とお天気が良いといいですね。

タグ:歌舞伎
posted by fuji_nishi. at 19:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | 歌舞伎・時代劇

2010年12月22日

レギンス

 レギンスって、oshokichi.jpgコレに見えてしょうがないんですけど。

<関連記事>
oskch.jpg和尚吉三

続きを読む
posted by fuji_nishi. at 18:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | 歌舞伎・時代劇

2010年07月10日

憧れのお嬢様スタイル

 hime.gif
 赤姫の扮装って、えらく「着る人」を選ぶと思うんですよねぇ〜。

 たとえ性格の悪い(?)はすっぱ娘だとしても、sakurahime.jpg 似合えば、それなりにサマになるものです。

続きを読む
posted by fuji_nishi. at 16:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | 歌舞伎・時代劇

2009年10月20日

大雷蔵祭

 市川雷蔵の没後40年特別企画として、大雷蔵祭が今年の12月12日(土)より、角川シネマ新宿などの映画館で上映されるそうです。

 「大雷蔵祭」の前売り券が10月10日より、12月11日まで角川シネマ新宿で販売中だそうです。

 なんと前売り券の柄(?)が、5回券(5枚綴り・5,000円)の2種類と、1回券(通常券・1,300円)の、計11種類もあるそうです。

 それに加えて5回券ではオリジナル絵はがき5枚1組、1回券ではオリジナル絵はがき1枚(5回券とは写真が違う)がついてくるそうです。

 これはファンにはたまらないサービスですねぇ〜。

詳細は大雷蔵祭公式ブログに随時、更新されていますので、そちらをご覧になって下さい。

関連記事:水も滴る良い男

リアルタイムで見たかった俳優

続きを読む
posted by fuji_nishi. at 11:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | 歌舞伎・時代劇

2009年01月13日

鬼薊の清吉

 黙阿弥脚本の芝居『花街模様薊色縫(さともよう あざみのいろぬい)』(当初は『小袖曾我薊色縫』。通称「十六夜清心(いざよいせいしん)」)に登場する「鬼薊(おにあざみ)の清吉」にも、実在したモデルがいたらしいです。

 「鬼坊主の清吉」という、江戸時代の盗賊がモデルだそうです。その人物のニックネームが「鬼薊の梅吉」だったから、役名は足して二で割ったような名前になったのですね。

 『歴史読本 昭和五十五年九月号特集 大江戸怪盗伝』・新人物往来社(昭和55年)特集史論/怪盗たちの神話とその虚実「虚像のヒーローたち」(p50)によると、

 小さい頃から狂歌がうまく、狂歌好きの店の主人に気に入られ、あちこち連れて行かれるうちに、酒食の味を覚え、贅沢三昧になった挙げ句に道を踏み外し、人殺しまでやるようになった。

 生涯に妻を19人も取り替えたというほどの、色男
だったそうで、左右の腕には桜の短冊、背中には滝夜叉姫の刺青を一面にほどこしていたそうです。
 
 最後には曲淵甲斐守に捕えられ、文化2年(1805)6月29日に小塚ッ原(こづかっぱら)で処刑されたそうです。

 この芝居の設定では、俳諧師・白蓮の正体は鬼薊の清吉(清心)の実の兄であり、大泥棒・大寺正兵衛なのですが、この大寺正兵衛という人物、将軍家の御金蔵(ごきんぞう)を破ったことで有名な、実在した盗賊がモデルだそうです。

 1859年(安政6)初演のこの作品は話題性もあって、かなりヒットしたそうですが、幕府の取り締まりにあって、わずか35日で上演禁止になってしまったそうです。明治になってから脚本を書き直して再演されたそうです。
続きを読む
タグ:歌舞伎
posted by fuji_nishi. at 23:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | 歌舞伎・時代劇

2008年10月17日

明日…

 10月18日(土)は、第11回 萩平歌舞伎公演です。

 入場無料で、開演は13時からです。(秩父屋台囃子 正調秩父音頭 秩父神社神楽)

 歌舞伎の部の開演は14時から、萩平子供歌舞伎の「青砥稿花紅彩画(白浪五人男)」、秩父歌舞伎正和会の「神霊矢口渡 由良兵庫邸之場」、萩平子供歌舞伎「吉例曽我之対面 工藤館之場」だそうです。

 ご参考までに、平成18年の案内と、昨年(平成19年)の案内萩平舞台公演ルポもご覧ください。

 今年も告知が「直前」になってしまい、大変申し訳ありません。

 残念ながら明日は用事があって、観に行けませんが、興味があったらぜひ。






posted by fuji_nishi. at 18:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | 歌舞伎・時代劇

2008年10月04日

都民劇場(2008年下期)

 以前、「チケットを入手するには?」という記事を書き込んだのですが、この記事は今でも見られることが多いです。

 どうやら「都民劇場の会費」を知りたい人が、意外と多いようなのです。

 そこで(余計なおせっかいですが)今期(平成20年度10〜平成21年3月まで)の会費を記入してみようと思います。

続きを読む
posted by fuji_nishi. at 23:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | 歌舞伎・時代劇

2008年05月29日

虎が雨

 曾我兄弟が父の敵である工藤祐経を討取ったのが、建久四年(1193)の5月28日(旧暦)だそうです。

 しかし仇を討った後、兄の十郎祐成は工藤の手下どもに討取られ、そのことを聞いた十郎の愛人である大磯の虎女は涙を流した。その涙が雨となり、以来、毎年5月28日は雨が降る、という言い伝えがあるそうです。

 その日の雨のことを「虎が雨」というのだそうです。
(「虎が涙雨」とも、「曾我の雨」とも言う)
続きを読む
posted by fuji_nishi. at 12:24 | Comment(2) | TrackBack(0) | 歌舞伎・時代劇

2008年05月24日

曽我五郎

sogagoro.jpg【そが ごろう】

 歌舞伎の演目でお馴染みの「曽我兄弟」の弟、五郎です。

 兄弟で力を合わせ、父の敵を討ち果たしますが、後に処刑されてしまいます。

 弟のゴロちゃんは血気盛んで、正義感の強いタイプです。まだ前髪があるので、おそらく元服前の少年でしょう。

関連記事:とらがいし
posted by fuji_nishi. at 20:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | 歌舞伎・時代劇

2008年01月22日

黙阿弥忌

 カレンダーを見たら、今日は黙阿弥(1816〜93)の命日(明治26<1893>年・享年78歳)だそうです。ちっとも知りませんでした。
posted by fuji_nishi. at 22:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | 歌舞伎・時代劇

2008年01月10日

【ギャル桜姫】

【ぎゃる・さくらひめ】

 実際の歌舞伎は観ていないけど、鶴屋南北の脚本の「桜姫東文章」に登場する桜姫は、今で言う「ギャル」だったのではないかと思うのです。

sakurahime.jpg


続きを読む
posted by fuji_nishi. at 14:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | 歌舞伎・時代劇

2007年10月28日

萩平舞台公演

 気がつけば約2週間ぶりの更新ですね。

 ところで先週は第10回萩平舞台公演に行って参りました。

hagidaira.jpg

 今回はじめて、旅館の予約やら、お土産購入、特急券の購入などを自力でやりました。当日はどうにか時間内に無事、たどり着けました。

 恥ずかしながら、今まで旅行の手配など「人任せ」にしていたものですから、大変緊張しましたし、内心、ヒヤヒヤしました。

続きを読む
posted by fuji_nishi. at 18:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | 歌舞伎・時代劇
人気記事
    富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART